楽天モバイル スーパーホーダイでデータを使い切って1Mbps出るのか試してみた

SIM
17:03に計測で1Mbps

現在スマホは、楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランS(2GB)でiPhone7を使用中。
このプランにした最大の理由は、月のデータ量を使い切っても最大1Mbpsの速度がでるというところです。

最大1Mbpsがどれくらい使えるのか使えないのか。
今月はちょうどデータを使い切ってしまったので、どんなものか検証してみました。

結論を言えば、1Mbpsあれば全然問題ないです。

スポンサーリンク

平日17:00に計測で1Mbpsの速度が出る

Wi-Fiのない場所でテザリングでパソコンを利用中にデータ残量が0になりました。

データを使い切りました

でもこのサイトを更新している間も、特にメチャクチャ遅く感じることはないんですよ。
速度計測してみると、きっかり1Mbpsでした。

17:03に計測で1Mbps

パソコンでWEBサイトを表示すると、画像はちょっと表示が遅いですが、テキストは結構早く表示されます。
流石にバリバリは使えませんが、そんなにストレスにもならない表示速度です。

ちなみに混雑時12:00〜13:00、18:00〜19:00は、最大300kbpsになります。
18:15分頃計測してみると、400kbps出ていました。

3月20日18:15に計測

1MbpsではYouTubeは480pで再生される

YouTubeはどんなもんかと、試してみると最初の読み込みは多少待ちますが、スムーズで普通に見れます。
PCで見ましたが、画質は自動に設定していたら480pで再生されました。

YouTubeも見れました

流石にフルHD画質などは厳しいですが、スマホやノートパソコンで小さいサイズで見るには充分。
これだけ使えれば、追加でデータを購入する必要をまったく感じません。

Google Mapも普通に表示

地図も普通に表示できます。
やはり最初の読み込みにちょっともたつきますが、表示してしまえば普通に見れます。

どんな感じかは、楽天モバイル スーパーホーダイのサイトに、1Mbpsと128kbpsで地図表示やYouTubeを表示している比較動画があります。販売サイトの動画なので、眉唾ものに感じるかもしれませんが、実際に体感すると動画のとおりです。

楽天モバイルのスーパーホーダイを勧める理由

楽天モバイルのスーパーホーダイのいいところは、

  • 楽天会員で3年契約なら、2年間 月額基本料1,480円(税抜き)/月
  • さらにダイヤモンド会員以上なら、1年目の月額基本料 980円(税抜き)
  • データを使い切っても、最大1Mbpsの速度(12〜13時、18〜19時は最大300kbps)
  • 10分間のかけ放題。(楽天でんわ利用)
  • 楽天スーパーポイントでスマホ代を支払える

普段の買い物などでの支払いを楽天カードにしているので、結構ポイントがたまります。
たまったポイントを楽天モバイルの支払いに当てることも簡単な設定ででき、ポイントが足りなかった場合はクレジットカードから引き落とされます。

家にWi-Fi等が無く、いつでもどこでもデータ量の心配なく爆速で使いたい方は大手キャリアの高いプランを利用するのもいいでしょう。
ですが家や職場にはWi-Fi環境があり、なるべく安くスマホを使いたい方には楽天モバイル スーパーホーダイはかなりおすすめです。

※追記
2019年10月1日より、法改正により契約期間の縛りがなくなりさらに契約しやすくなっています。電話をたまにしかしないのならば、UQモバイルもかなり有りだと思います。

コメント