LINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えを決めた理由

SIMフリーのiPhone7を購入したことをきっかけに、1年間LINEモバイルを利用してきました。
1年でLINEモバイルの最低利用期間をクリアするので、これを機に楽天モバイルに乗り換えようと決めました。

なぜLINEモバイルから楽天モバイルに乗り換えようと思ったのか?
またLINEモバイルはどんな感じだったのか?
理由やこれまでの使い心地など書いてみます。

LINEモバイルの利用状況

LINEモバイルはコミュニケーションフリー音声通話SIMの3GBプランに留守番電話を付けて利用しています。
料金は月平均2,400円〜2,500円くらい

ちなみに12月の請求書の内訳はこんな感じです。

LINEモバイル12月の料金明細

2018年12月支払い金額

コミュニケーションフリープランは、LINE、Instagram、Twitter、Facebookに通信量がかからないプラン。
確かに通信量は減りませんが、わたしの場合職場でも自宅でもWi-Fiがあるので、平日はそれほど通信量を使うことがないんですよね。

LINEモバイルの良かった点、悪かった点

LINEモバイルを利用してきてよかった点はというと。

  • 利用金額の1%がLINEポイントとしてたまる
  • たまったポイントを月々のスマホ代にも使える
    (といっても、スマホ利用だけではそれほどたまらない)

ぐらいでしょうか・・・あんまり出てきませんでしたが、わたしの利用環境では普通に使えました。

LINEポイントに関しては、支払いをLINE Payカードにしていたので、LINEモバイルの支払いに対するポイントとLINE Payカードのポイント両方がもらえます。両方合わせて月36ポイントくらいが多いですね。

LINEポイント

LINEポイント獲得状況
カード支払いで、18p
スマホ代支払いで、17p

ポイントはスタンプの購入などに使ってました。

悪かった点は、お昼時や夕方Wi-Fiがない場所にいる時は、やっぱりネットにつながり難い時もあったことくらいでしょうか。でもそれは他のSIMでもありますからね。

LINEモバイルはソフトバンクと提携してからは、ソフトバンク回線ならめちゃくちゃ早いようですが、わたしはそのままドコモ回線でした。

混雑する以外の時間は全く問題ないので、LINEモバイルも全然おすすめですよ。

楽天モバイルに乗り換えを決めた理由

通常のプランであれば、どこの格安SIMでもそれほど大差ないです。

ただ楽天モバイルをものすごくいいと思ったのは、「スーパーホーダイプラン」。

スーパーホーダイプラン

使い切っても、1Mbpsで使い放題

このプランなら、通信量を使い切っても1Mbpsの速度で使い放題できるのです。
(昼と帰宅時の混み合う時間は最大300kbpsになります)

これならクロスカブや車でGoogle Mapなどのナビを使っても、ガンガン行けそうな速度。
料金も今のLINEモバイルとほとんど変わらないか、むしろ安くなるので乗り換えようと決心しました。

楽天モバイルに変えた時の月々の料金

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランSにした場合の月々の料金は、楽天会員(無料)で最低利用3年の場合、2年間1,480円/月。3年目は2,980円/月。

3年間利用した場合の平均は、
1,480円✕24ヶ月=35,520円
2,980円✕12ヶ月=35,760円
合計71,280円を、36ヶ月(3年)で割ると、月々1,980円

これに290円/月のスマート留守電を付け、消費税とユニバーサル料金が入れば、これまでのLINEモバイルと料金ほぼ変わらないです。

料金が変わらずに、1Mbps使い放題、10分以内の電話かけ放題になるのが魅力。

さらに楽天モバイルを利用している利用1年目に、楽天会員ランクがダイヤモンドの月は500円引きになります。
たまたま今月はダイヤモンド。

楽天会員ランク

今月はダイヤモンド会員

この機会に乗り換えようと思います。

※料金はすべて税抜き価格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA