LINEモバイルから楽天モバイルへMNPで乗換えてみた

大手キャリアから楽天モバイルなどの格安SIMへの乗換えはもちろんできますが、格安SIMから格安SIMへの乗換えももちろんできます。

今回はLINEモバイルから楽天モバイルへ、番号を変えずにMNPで乗換えをしてみました。

LINEモバイルでMNP予約番号の申込みをする

LINEモバイルのサイトにログインし、各種手続き >>> MNP転出・解約に進みます。
パソコンで手続きしていますが、スマホからでも同じです。

MNP申込み画面

MNP転出

改めて氏名・電話番号・生年月日を入力
確認画面がでたら「申し込む」をクリックで完了です。

翌日以降日以内には

MNP予約番号受付完了

登録してあるメールアドレスに、MNP予約番号が届きます。
画面では”翌日以降3日以内”と書いてありますが、申込み当日すぐにきました

LINEモバイルの解約手続きは、MNPで楽天モバイルに移った時点で完了します。

注意
LINEモバイルはSIMの返却が必須です。
楽天モバイルSIMに入れ替えた後、LINEモバイルへ返却しましょう。

▼SIMカード返送先住所
〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
LINEモバイル株式会社 返却窓口

※2018年12月現在の返送先です。最新の情報はLINEモバイルの公式サイトで確認ください。

MNP番号がきたら楽天モバイルの申込みへ。

楽天モバイルの申込み方法

楽天モバイルの申込みサイトから、手続きします。

申込みの際に以下のものが必要になります。

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ログインようのIDとパスワード
  • MNP予約番号
  • クレジットカードなど支払いに手続きに必要なもの

事前にご利用の流れから確認して用意してきましょう。

本人確認書類は、スマホなどで写真を撮ってアップロードする方法か、配達時に配達員に提示する方法が選べます。

支払いはクレジットカードがあれば簡単です。
口座引き落としも選べますが、引き落としに毎回手数料がかかるので注意。

あとは落ち着いて項目を埋めていったり選んだりすれば、それほど悩むことなく申込みができると思います。

今回わたしが選んだプランは、楽天モバイル スーパーホーダイのプランSでSIMのみです。

MNPで楽天モバイル申込みの際にかかる料金

初回支払い時に、事務手数料3,394円(税抜)が掛かります。
他の基本料金等に関しても、日割り計算はないのでまるまるひと月分掛かります。

またMNP転出したLINEモバイルの方も1ヶ月分は楽天モバイルとダブって支払うことになります。
さらにMNP転出手数料3,000円(税抜)が掛かるので、乗換えの月はちょっと出費になります。

具体的に乗り換え時にどれくらいの料金が掛かったのかはこちらで書いています。
LINEモバイルから楽天モバイルへ乗り換えでかかった金額とその後の利用料金

メールから申込状況の確認ができる

申込みが完了すれば、楽天モバイルから申込状況確認ページの案内が来るので、自分か今どんな状況あるのか確認できます。

MNPの番号取得から解約、新たなsimの申込みまで店舗に行くことなくネットで申込みが簡潔します。
やってみると意外と簡単なので、スマホの料金を安くしたい方はトライしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA