横浜マラソンの後、お風呂やシャワーを浴びたい方はココをチェック

横浜マラソン終了後、体力に余裕があれば周辺で食事でもして帰りたいですよね。
でもその前に、お風呂やシャワーでさっぱりと汗を流して着替えたい。

メイン会場となるパシフィコ横浜周辺のスーパー銭湯やシャワーの浴びられる施設を集めてみました。

パシフィコ横浜周辺のスーパー銭湯

スーパー銭湯の大きな湯船でゆっくりとしたいかたは、こちらがおすすめ。

万葉の湯

View this post on Instagram

レッツエンジョイ東京さん(@lets_enjoytokyo)がシェアした投稿

メイン会場のパシフィコ横浜から一番近いスーパー銭湯は「万葉の湯」。
施設も大きく、仮眠室などもある充実の施設。屋上では足湯につかりながら横浜の夜景を眺めてビールで乾杯などもできます。

ただし当日はやはり休日ということもあり、一般客も多く混雑しているようです。
SNS上では男性はロッカーの空きがなく、30分くらい待ったという方もいました。

横浜みなとみらい万葉倶楽部

スカイスパ

View this post on Instagram

SKYSPA_YOKOHAMAさん(@skyspa_yokohama)がシェアした投稿

横浜駅東口スカイビル14階にある「スカイスパ横浜」。
駅からのアクセスは便利で、宴会プランや宿泊もできます。

SKY SPA横浜

インスパ横浜

View this post on Instagram

ECCジュニア東陽町駅前英語教室さん(@eigoseitoboshu)がシェアした投稿

中央卸売市場の近くにある、「INSPA横浜」。
2013年12月にリニューアルオープンした施設です。
パシフィコ横浜近くからは、シャトルバスが出ていますが1時間に一本なので、タクシーが便利ですね。

INSPA 横浜

シャワーが浴びられる施設

浴槽は無くてもシャワーと着替えさえできればいいというかたには、こちらも参考に。

THE SPACE

関内にあるランニングステーション「THE SPACE」。パシフィコ横浜からも歩いて15分くらい。
横浜マラソン2018では、料金850円でレンタルバスタオル込、シャワーとロッカー利用の表示がサイトにありました。
事前予約制で男女40名づつとなっていましたので、利用を考えているかたは2019年もチェックしてみましょう。

THE SPACE

スポーツオーソリティ MARK ISみなとみらい店

みなとみらい駅直結のMARK ISみなとみらいの地下2階にある、スポーツオーソリティにもランニングステーションがあります。
ビジターは600円でシャワーとロッカーの利用が可能。シャンプー、ボディソープなどのアメニティも完備です。
ただし利用時間は10:00〜21:00なので、マラソン終了後の利用だけになりますね。

スポーツオーソリティMARK ISみなとみらい店

ネットルームマンボー伊勢佐木町店

日ノ出町駅から徒歩5分のネットカフェ「マンボー」。
こちらはレディース専用のシャワーがあるので、女性のかたにはいいかもしれません。
スタンダードなら、30分200円で利用可と短い時間なら超安いです。
パシフィコ横浜からはちょっと距離があるかもしれませんが、野毛などの繁華街が近いので、飲みに行くにはちょうどいいでしょう。

ネットルームマンボー伊勢佐木町店

宝島24・金太郎

京浜急行 日ノ出町駅前にあるDVD鑑賞・個室ビデオ店の「宝島24」と「金太郎」。
ここでもシャワーの利用ができます。
宝島24はシャワー利用のみなら550円で利用可能、金太郎はシャワー利用のみという設定はないですが、550円で1時間利用できるので料金的には同じです。

宝島24 日ノ出町店

金太郎 日ノ出町店

近隣の銭湯

いずれも昭和な感じの銭湯です。
歩くにはちょっと遠いので、電車・バスやタクシーでの移動になりますね。

戸部駅周辺の銭湯

京浜急行戸部駅周辺にある銭湯です。
昔ながらの雰囲気を醸し出しています。

松島館

遊湯記念湯

萬歳湯

元町・中華街駅近くの温泉

天然温泉が湧いているわけではなく、こちらはラドン温泉です。
はまれぽ.comでも2013年に記事になっています。

わたしも2017年に1度利用したことがありますが、一般的な銭湯です。
中華街や元町が目の前なので、風呂上がりにたやすく一杯にありつけます。

恵びす温泉

 

風呂から上がったら、グイッと乾杯しましょう!

ボロボロになった方は、無理をせず早めに帰宅することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA