LINEモバイルから楽天モバイルへ乗り換えでかかった金額とその後の利用料金

2018年12月にLINEモバイルから楽天モバイルへ乗換えました。
乗り換えの際にどれくらいの料金が掛かったのか、どんな項目で料金が掛かっているのか、両社からの請求を見てみましょう。

LINEモバイルからMNP転出した月の料金

LINEモバイルの12月の請求額は¥5,570(税込)内訳は以下のとおりです。

コミュニケーションフリープラン3GB/音声通話SIM ¥1,690
国内音声通話料(SMS送信料含)/docomo回線 ¥166
ユニバーサルサービス料 ¥2
留守番電話 ¥300
MNP転出手数料 ¥3,000
消費税 ¥412
合計 ¥5,570

国内音声通話料(SMS送信料含)のみ、前々月の利用料金です。この翌月に通話料のみ請求がきました。

楽天モバイルへMNP転入した月の料金

楽天モバイルからの12月の請求は¥4,726(税込)内訳は以下のとおりです。
楽天の場合は、各項目ごとに消費税が加えられています。

スーパーホーダイプランS 2GB(楽天会員ダイヤモンド) ¥1,058
ユニバーサルサービス料 ¥2
事務手数料 ¥3,666
合計 ¥4,726

オプションのスマート留守電(¥313税込/月)の料金が何故か入っていませんが、来月からなのでしょう。
スーパーホーダイプランSは3年契約で、今月は会員ランクがダイヤモンドだったため¥1,058で済みます。

支払い月が重ならないので、負担にはならない

LINEモバイルのMNP転出手数料と、楽天モバイルの新規申込み手数料が掛り、両方の料金を合わせると1万円を超えますが、支払月が重ならないので大きな負担にはなりません。

LINEモバイルはLINE Pay決済にしていたので1月5日に既に決済が完了しましたが、楽天モバイルは楽天カード決済にしているので支払月は2月になります。かぶらないので負担が増えるわけではありません。

その後の利用料金は実際どれくらいなのか

2019年3月まで料金は実際どれくらい支払っているのかは、楽天モバイルアプリで簡単に見れます。
ちなみに支払った金額のスクリーンショットはこちらです。

3月しか料金を支払っていません

楽天モバイルは1度設定すれば、楽天スーパーポイントで料金が支払えます。ポイントが足りなくなると、差額分はクレジットカードからの引き落としになります。1月、2月分は楽天スーパーポイントで支払っているので、0円なのです。

実際に掛かった金額は、以下のとおりです。

  • 1月 1,459円
  • 2月 1,373円
  • 3月 1,632円

楽天ポイントクラブがダイヤモンド会員になっているので、基本料金1,058円(税込み)が続いているのでかなり安く使えています。

各自の利用環境によっては負担が大きく下がる

LINEモバイルや楽天モバイルにすれば、大きく料金が下がりますが、自分の利用方法を見極めてからにしましょう。
わたしの場合は、自宅でも仕事場でもWi-Fi環境があり、外出時はそれほど多くデータ量を使いません。
なので、楽天モバイルのスーパーホーダイプラン2GBで充分。
このスーパーホーダイプランなら、もし2GBを使い切ったとしても1Mbpsで使い放題なので普通にネットは見れますからね。

毎月のケータイ料金を安くしたいのなら、見直してみたほうがいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA