クロスカブ(JA45)テールランプの交換方法

夜、クロスカブで近所のスーパーへ向かう途中、赤信号で止まると後ろから来たスクーターの方が何やら話しかけてきました。
「ん?」
よく聞くと
「テールランプが切れてますよ」
と教えてくれていました。

振り向いてテールを見ると、確かに赤く光っていない。
ブレーキをかければ赤く光るのですが、離すと真っ暗。
走り出す前にちゃんと見ないと、自分では気が付かないもんです。
声をかけてくださった方ありがとうございます。

テールランプの交換はネットで調べると簡単に交換できそうなので、早速やってみました。

テールランプの電球の種類の確認方法

テールランプと言っても、車種によって電球の種類があります。
クロスカブJA45はどれを使えばいいのか、分かりません。

そこでホンダの公式サイトにある、バイクの取扱説明書ダウンロードと言うサイトで、クロスカブ110(JA45)のパーツカタログというのを見てみました。

このパーツカタログ、細かい部品がすべて乗っているので、テールランプももちろん載っています。そこに書いてあるのは、

バルブ、ウェッジベース(スタンレー)
(12V 21/5W ECE)

の文字。
どうやらこれがクロスカブ110(JA45)のテールランプの型番です。
ウェッジベースとは、抜き差しするタイプの電球。ねじ込み式では無いタイプです。パーツカタログに絵も書いてあるので形状もわかります。

Amazonにもありました。

ですが近所のホームセンターにもあるようなので、島忠ホームズのカー用品コーナーへ行ってみるとありました。

交換に掛かった費用

テールランプとドライバー

2番のドライバーも安かったので購入

島忠ホームズで購入。
購入時の価格は2個入りで358円でした。隣のドライバーは203円です。
レシート画像

2個入りなんで、電球だけなら1個180円です。

テールランプの交換手順

交換はテールランプのカバーを外して、交換するだけです。

手順1
テールランプのネジ2ヶ所を外す
テールランプカバーの下側にある、ネジ2ヶ所を外します。

矢印の2ヶ所のネジを外す

ここで一緒に買った2番ドライバーが役立ちます。
テールランプのカバーに厚みがあるので、ドライバーの長さがある程度ないと届きません。

短いと届きませんので

手順2
カバーを外し、電球を交換
カバーを外すとこんな感じです。

手で電球を抜き、新しいものを差し込みます。
ガラスなので、慎重になりますね。

電球の規格も書いてありました

カバーを戻す前に、キーを回して点灯するか確認。

つきました

手順3
カバーをもとに戻す
逆の手順でカバーをハメて、ネジを2ヶ所締めれば完成です。

簡単にできますが・・・

簡単にできますが、近くにカー用品店がない場合や、自分でやるのが不安な場合、面倒な場合は販売店に行きましょう。1,000円くらいで済むでしょうからね。

切れたまま走っているのを警察に見つかって捕まった場合、整備不良で以下の点数と反則金が課せられます。(反則金は原付の場合)

  • 「ブレーキランプ切れ」で、2点・6,000円の反則金。
  • 「テールランプ切れ」で、1点・5,000円の反則金。

こっちのほうが痛いですから・・・。

さらに夜間車に突っ込まれでもしたら、もっと痛いですからね。

また今回交換した電球は若干中身の形状が違いました。
元々ついていたのがこちら。

フィラメントを支える棒が3本あります

交換したのがこちら。

こちらは2本です。

まぁ、ちゃんと点いているので大丈夫でしょう。(たぶん)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA