カブには箱、ホムセン箱にするかで悩んだ末に購入したリアボックスとその理由

カブ主の方々のブログやInstagramなどを見ると、かなりの確率で箱やリアボックスをつけている方が多いです。
カブだけでなく、バイクであればスクーターでも積載量を大きくするために箱を付けていますね。
特にクロスカブは全く収納スペースがありません。

収納が無いからといって、荷物をリュックに背負って長い時間走ると、地味に肩にきます。
スーパーやコンビニで買い物をして、ハンドルに引っ掛けてぶらぶら走るのもねぇ。

やっぱり何かしらの収納を付けたくなります。

そこで悩むのが、何を付けようかということ。
多くのみなさんが付けている「例の四角い箱」もいいのですが、Amazonやらネットショップを見すぎて何がどうしたいのかわからなくなってしまいました。

カブのリアボックスあれこれ

定番のキャリアボックス、箱など購入の際に検討したものを集めてみました。
箱にも色々ありますね。

アイリスオーヤマのホムセン箱

ガンジーさん(@gang.1241)がシェアした投稿

もう定番と言ってもいいでしょう。
昔ながらの緑色のタイプ。他にグレー色もあります。

クロスカブには黒のほうがしっくり似合う気がします。

@chaicub95がシェアした投稿


created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,460 (2019/06/18 00:25:34時点 Amazon調べ-詳細)

固定方法は、箱の底に穴を開けてプレートとボルトで固定しているかたや、U字の金具でキャリアに引っ掛けている方などさまざま。
取付・取り外ししやすいように、荷締めベルトで固定している方もいました。
大きさは30Lが多いですね。

カブの定番リアボックス、ホムセン箱の固定方法あれこれ

ホンダ純正アクセサリー ビジネスボックス

Junichiro Yabeさん(@jun16ooo)がシェアした投稿

純正アクセサリーだけに、こちらも結構いますね。

アイリスオーヤマのホムセン箱と金額がかなり違いますが、鍵はこちらのほうがしっかりしてそうです。
盗まれる時はどちらも同じようなものかもしれませんが。

専用のアタッチメントがあるので、箱に穴さえ開ければあとは何も考えずにできそうです。

スチールのラゲージボックスもあります。

見た目がキレイでしっかりした作りのJMSシリーズ

anengpongtangさん(@anneandmooo)がシェアした投稿


created by Rinker
ジェイエムエス(Jms)
¥15,806 (2019/06/18 04:22:33時点 Amazon調べ-詳細)
これも結構いらっしゃいますね。
警察官や銀行員っぽい感じの箱です。

堅牢性とデザインならGIVI

Toshiki Furuyamaさん(@toshinosuke_)がシェアした投稿

金額は高いですが、デザインの良さならGIVI。
カブにも結構合いますね!

折りたたみコンテナも可愛い

リョウさん(@yamahamt09)がシェアした投稿

リョウさん(@yamahamt09)がシェアした投稿

ダンボーの折りたたみコンテナも可愛い!
これをキャリアに固定している人もいますね。
鍵が必要なければ、これもいいと思います。

鍵がいらなければ、使わない時は折りたたみもできるこの箱もいいですね。

カブ乗りの夢 大容量の郵政ボックス

View this post on Instagram

yocnokrinさん(@yocnokrin)がシェアした投稿


郵便配達員の方がカブに積んでいる例の大容量集配用ボックス。

旭風防から白のBOXも2017年に発売になっているようです。
旭風防 集配用キャリーボックス http://www.af-asahi.co.jp/pickup/catalog_pdf/catalog/60.pdf

Amazonでは、アウトスタンディングが販売したりしてます。

集配用大型キャリーボックス 白
旭精器
赤は在庫切れしてるんですよね。

容量が110L〜148Lと3段階で調節可能。
キャンプやロングツーリング、買い物など色んなシーンで大活躍しそうです。

柴犬を乗っけてもかわいい。

View this post on Instagram

ryuchanbebcbeさん(@ryuchanbebcbe)がシェアした投稿

最終的に選んだリアボックス

色々な箱をネットで眺めては考えを巡らしましたが、最終的に考えた条件は。

  • 価格は安いほうがいい
  • 取外しも簡単にできるほうがいい
  • 駐輪場等に停めるので、鍵は必須
  • 固定もできれば楽なほうが・・・

といったところを加味して、こちらにしました。

決め手になったのは、

  • 価格が3,000円台
  • 容量32Lとアイリスオーヤマと変わらない
  • 取外しがワンタッチでできる
  • マウント、取り付け金具付き

といったところですね。
この色なら違和感がなさそうですし。
容量に関しては、四角い箱と丸っぽい感じでは収納できるものが違うかもしれません。

発注したので届いたら晴れの日に取付けてみます。

 

取付けてみました。

バイクパーツセンターリアボックス32L 907907を取付けてみました

2 COMMENTS

にせ

ダンボーの折りたたみコンテナ素晴らしいと思うのですが、雨対策は難しいですねよね。鍵はつけられるようですが。なんかいい方法ないですか。

返信する
スージー

にせさんコメントありがとうございます。

色々と考えを巡らせてみましたが、ザックカバーなんてどうでしょう?
例えばこんなのとか→ https://amzn.to/2XCjihA
サイズは合わないと思うので、大きめのものを使ってゴムで留めるとか。
ダンボーはすっかり隠れてしまいますが、急な雨を凌ぐことはできるかもしれません。

あとはオーダーメイドでビニールカーテンなどで作るとかですかね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA