ウィスキーの綴りは「WHISKY」と「WHISKEY」がある 違いは?

自宅で酒を飲みながら亀田製菓の柿の種(減塩)を食べていると、袋の裏面に「こばなしのたね」なる豆知識が書いてありました。

そこには”ウイスキー”のスペル・綴りには「WHISKY」と「WHISKEY」の2つがあると。

頻繁にウイスキーを飲んでいましたが、全く知りませんでした。

スポンサーリンク

WHISKYはスコットランド産 WHISKEYはアイルランド産

こばなしのたね

こばなしのたねをそのまま引用すると、違いは産地にあります。

(前略)ウイスキーの綴りには「WHISKY」と「WHISKEY」の2種類があります。前者はスコットランド産の「スコッチ」、校舎はアイルランド産のお酒を指しています。ウイスキーのおともには、「亀田の柿の種」をお忘れなく!

引用:こばなしのたね その41

  • WHISKY スコットランド産(スコッチ)
  • WHISKEY アイルランド産(アイリッシュ)

ということです。

日本のウィスキーは、スコットランドの流れをくんでいるので「WHISKY」。

アメリカのバーボンなどは、多くが「WHISKEY」(アメリカのウイスキー蒸留所の創設者の多くがアイルランド出身だったことから)ということです。

I.W.HARPER

JACK DANIELS

しかし、メーカーズマークなどは「WHISKY」だったりします。

では、日本語の表記は「ウイスキー」なのか「ウィスキー」と小さい“ィ”とどちらが正しいのでしょうか?

日本語表記は様々ですが、酒税法上は「ウイスキー」

NHKでは放送文化研究所のサイトによると、大きい“イ”の「ウイスキー」を採用。
酒税法上でも大きい“イ”国税庁も大きい“イ”の表記を採用しています。

外来語の表記に関しては、内閣告示第二号で表記のよりどころが示されており、文部科学省のサイトで内容は読むことができます。これは強制するものではなく、考え方を示してるだけなので、どちらでもいいんですね、

ちなみに朝の連ドラ「マッサン」のニッカの社名は、「ニッカウヰスキー株式会社」です。

コメント