横浜市内のクラフトビール醸造所・ブルーパブ9店まとめ

ネットで神奈川県内のビール醸造所・ブルワリーを検索すると、国税庁のサイトがヒットします。

神奈川県のブルワリー|国税庁

国税庁のサイトによると、神奈川県内にブルワリーは27ヶ所。そのうち横浜市内のブルワリーは8ヶ所ありました。
今後回っていきたいので、まとめてメモしておきます。

スポンサーリンク

横浜ビール醸造所

この投稿をInstagramで見る

横浜ビール 驛の食卓さん(@umayanoshokutaku)がシェアした投稿

桜木町駅近くのレストラン「驛の食卓」のなかで醸造しています。
野毛で見かける「NOGE BEER」もこちらで作られています。

何度かだいぶ前に寄らしてもらいましたね。

ビア・ドリンキング・インターナショナル

この投稿をInstagramで見る

Ken Takayamaさん(@michukekko)がシェアした投稿

国税庁のリストにある住所は反町なので、ブルワリーはそちらにあるのかもしれません。

お店は横浜西口の鶴屋町にある「Thrash Zone」。

公式サイトは無いですが、Facebookページがあります。

横浜ベイブルーイング

この投稿をInstagramで見る

ベイブルーイング戸塚店さん(@baypilsner_totsuka)がシェアした投稿


わたしもたまに関内のお店で飲んでいるベイブルーイング。
醸造所は戸塚の上矢部にあります。

真心ブラザーズの30周年記念ビールを醸造したり、横浜ベイスターズのオリジナルビール「BAYSTARS ALE」も醸造するなどしている人気のブルワリーです。

関内本店

戸塚店

戸塚工場で毎月1回イベントも開催されています。

南横浜ビール研究所

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜金沢観光協会さん(@yokokanakanko)がシェアした投稿

金沢文庫の駅からほど近い場所にあります。
今度行ってみよう。

■Twitter

 

Facebookページ

ブログで所長のこだわりが垣間見えます。

横濱金沢ブリュワリー

この投稿をInstagramで見る

横濱金沢ブリュワリー LaFusion菜naさん(@yokohama_kanazawa_brewery)がシェアした投稿

京浜急行「能見台」駅から徒歩2分にあるお店「LaFusion菜na」でその味を堪能することができます。

いろいろなイベントにも参加しています。

■Twitter

 

TDM1874 BREWERY

この投稿をInstagramで見る

TDM1874Breweryさん(@tdm1874brewery)がシェアした投稿

明治7年創業の酒屋「坂口屋」が初めたブルワリーです。
JR横浜線「十日市場」駅近くにあります。もう一店舗は青山にも。
日本大通りの横浜公園の前にある、ワインショップ「マルシェ・ディジュール 関内店」も手掛けています。よく前を通るのですが、全く知りませんでした。

ロトブルワリー

この投稿をInstagramで見る

Hiroaki Sanoさん(@buru196310)がシェアした投稿

上大岡駅から徒歩10分くらいでしょうか。イトーヨーカドー上大岡店そばにあるのがこちら。
「麺や天空」の看板も出し、食事はラーメンと天ぷらが食べられます。もちろんクラフトビアも。

254BeeR

野毛方面から都橋を渡り、吉田町にあるのがこちらのお店。
1階が醸造所になっており、2階で飲食できます。

公式ブログによると、以前は横浜ビールで醸造長をしていた方だそうです。

Facebookページ

REVO BREWING

国税庁のサイトには載っていないのですが、馬車道駅近くにできたアパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>1Fに入っているのがこちらのお店。2019年9月20日にホテル開業と共にオープンしています。

ヘッドブルワーを務めるのは、学生時代に熊澤酒造でアルバイトをし、卒業後は川越のCOEDOブルワリーにいらっしゃった水沼泰樹氏。

こちらでインタビュー記事が読めます。

APA社長の顔写真の入ったグラスというのが、ちょっとアレな気もしますが、飲んでみたいです。

食べログ(公式情報)

Facebookページ

コメント