どう違う?カンゾコーワ、レバウルソ、ウルソウコンの中身を比較してみました

新宿思い出横丁
この記事は約5分で読めます。

お酒が好きです。
盛り上がってついつい飲みすぎることも多く、体のことを考えるとお酒にまつわるドリンクや、錠剤が気になるところです。

わたしの周りの定番は、ウコンよりもヘパリーゼが多い気がします。
飲み会の前にコンビニや薬局で購入し、飲んでいる方が多いです。

コンビニと薬局で売っているヘパリーゼはこちらで中身の比較をしています。

そんななか、あきらかにヘパリーゼに対抗しているCMをよく見るようになりました。
このドリンク市場の大きさが分かります。

そこで最近テレビCMで見かけた、カンゾコーワ、レバウルソ、ウルソウコンの3つのドリンクについてどんな中身なのか調べてみました。

スポンサーリンク

カンゾコーワ、レバウルソ、ウルソウコン比較表

3つのドリンクの薬機法での分類、推している主な成分などを比較していみました。

 カンゾコーワレバウルソドリンクウルソウコン
製品画像
製造会社興和株式会社佐藤製薬株式会社田辺三菱製薬
薬機法での分類清涼飲料水第3類医薬品指定医薬部外品
内容量100ml50ml50ml
主な成分肝臓加水分解物
200mg
肝臓水解物
200mg
ウコン流エキス
1,000mg
 ウコン抽出物 65mgウルソデオキシコール酸
15mg
ウルソデオキシコール酸
20mg
効果・効能飲み会前後の栄養バランスをしっかりサポート 滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給食べ過ぎ又は飲み過ぎによる胃部不快感及びはきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔いのむかつき、嘔気、悪心)
公式サイト【公式】カンゾコーワ【公式】レバウルソ【公式】ウルソウコン

※カンゾコーワは清涼飲料水なので、効果効能ではなくキャッチフレーズです。

薬機法の定義にすると、清涼飲料水、第3類医薬品、指定医薬部外品とそれぞれ違います。

第3類医薬品は、薬局ドラッグストア・通販などで販売できる医薬品です。

指定医薬部外品は以前医薬品だったものが、法改正により医薬部外品となったもので、医薬品と化粧品のあいだのような存在。薬局だけでなく、コンビニ、スーパーなどでも販売ができる商品です。

清涼飲料水は薬機法うんぬんというよりも、ジュースですね。

成分では、肝臓水解物(肝臓加水分解物)ウコンウルソデオキシコール酸という3つの成分に注目しており、それぞれ組み合わせが違っています。気を使って被らないようにしてるみたいです。

この3つの成分についてみていきましょう。

肝臓水解物(肝臓加水分解物)とは

ヘパリーゼでもおなじみの成分です。wikipediaによると。

牛や豚などの肝臓に消化酵素を加え加水分解したもの。

出典:Wikipedia肝臓水解物

とあります。
効果についてもWikipediaに記載があるのですが、その根拠としている脚注のリンクは現在すべてリンク切れでした。

ヘパリーゼのサイトによると肝臓水解物の作用は、

作用:肝臓は過酷な仕事をしているため、猛スピードで生まれ変わっています。 そのために必要なのがアミノ酸。肝臓水解物には必須アミノ酸をはじめとする合計18種類もの アミノ酸のほか、細胞が作られるときに必要な「核酸前駆物質」が含まれているため、 細胞の生まれ変わりを効率よくサポートできます。

出典:ゼリア新薬 ヘパリーゼ 肝臓水解物とは?

アミノ酸がたっぷり入っているようですが、栄養関連のサイトをみると、マグロやカツオの刺し身のほうがアミノ酸が豊富な感じもしてしまいます。

ウコンとは

中国や沖縄などで長い間民間薬として使われてきており、サプリメントやお酒にまつわるドリンクなどでよく知られています。

ですが、最近では肝疾患患者などには悪い影響がでることがあるなど、まだまだ様々な検証が必要かもしれません。

ウルソデオキシコール酸とは

Wikipediaを要約すると、

胆汁酸の一種で、UDCAとも呼ばれる。
ツキノワグマやヒグマの胆嚢を乾燥させて作られる伝統的な生薬「熊胆」の主成分として知られています。
化学合成も可能ですが、漢方薬では熊胆が未だに珍重されている。

ウルソデオキシコール酸の歴史や作用については、レバウルソの公式サイト(ウルソデオキシコール酸の秘密)が一番くわしいです。医薬品なので、しっかりと作用が書かれています。※いつの間にか記事は消えていました・・・。

CMキャラクターは濃い目な中年の方々

それぞれのCMを見ていきましょう。

カンゾコーワのCM

八嶋智人(やしまのりと)と、新井恵理那(あらいえりな)の二人がメインキャラクターになっています。※CMは既にありません。

レバウルソはテレビCMは無し

レバウルソはテレビCMが無いです。以前は、クリス・ペプラーがサイトで声で出演していました。

ウルソウコンのCMは3パターンも

ウルソウコンは小澤征悦(おざわゆきよし)が肝防長官に扮し、力の入ったCMになっています。
※既に契約終了なのか、映像は消えました。

何をおいても飲みすぎないことが一番ですが

医薬品のレバウルソドリンクや、医薬品のヘパリーゼもそうなのですが、効能は滋養強壮などです。
このドリンクを飲んだからといって、酒に酔いにくい、悪酔いしない、じゃんじゃん飲める、といったことは一切書いてありません。

でもまぁ、飲む前に飲みたくなるんですよね。
自分への言い訳みたいなもので、罪悪感や後ろめたさがちょっとだけ薄まるのかもしれません。

最近個人的には日本酒や焼酎を飲むときには、合間に水を多く飲むようにしていると、それほど悪酔いしない気がします。でも雰囲気や状況に流されて盛り上がってしまうと、酔っちゃうので流されないようにしないと。

なかなかうまく行かないのですが・・・。

コメント