simカード到着からMNP完了、楽天モバイル開通までの流れ

nano simの画像

楽天モバイルからsimが到着しました。
MNP手続き完了から開通まで、順を追って説明します。

楽天モバイルからSIMが届く

申込みの翌日にsimは発送され、その翌日に届きました。

楽天モバイルからのキット

宅急便で届きました

中身は、SIMと楽天モバイルユーザーズガイド。
それと特典として、楽天マガジン31日間無料の案内とHulu1ヶ月間無料トライアルのチラシが入ってきました。
楽天モバイルからの内容物
楽天マガジンは以前無料体験をしているユーザーは対象外でした。
Huluの方は1ヶ月無料トライアル後、自動的に継続になるので、継続しない場合はトライアル期間中に解約手続きをお忘れなく。

ではユーザーズガイドの内容に沿って手続きしていきます。

SIMを入れ替える前に電話してMNP完了

SIMを入れ替える前に、今使っているSIMのままで、ユーザーズガイドに書いてある開通受付センターに電話します。
音声メッセージが流れ、MNPが完了します。

電話の受付時間によって、切り替え完了時間が変わります。
ドコモ回線の場合、9:00〜20:39までの受付で当日中の切り替え。
それ以外は、翌日の9:00以降に切り替わるので注意しましょう。

まぁ切り替わらない場合は、simを入れ替えなければもとのまま使えます。

通話不能・圏外になってからSIMを入れ替える

切り替えが完了すると、通話不能・電話のアンテナマークの表示は圏外になります。
わたしの場合、昼の12時台に電話をかけて1時間後くらいに切り替えが終了しました。

simはこんな感じで入っています。
nano simの画像

わたしはiPhoneなので、nano simです。
これを入れ替えるのですが、ユーザーズガイドに写真入りで説明があるので、さほど難しくはありません。

プロファイルをインストール

simを入れ替えたあとは、プロファイルをインストールします。
この操作はWi-Fiでネットに繋がっていないとできないので、Wi-Fiがある環境で行います。

iPhoneの場合、safariを立ち上げ指定のアドレスを打ちアクセスするか、ユーザーズガイドにあるQRコードをカメラで写すとアクセスできます。
プロファイルをインストール画面が表示されたら、インストールをタップ。
警告画面が出たりしますが、インストールをタップして勧めます。
無事インストールできれば、完了をタップで終了です。

これで無事使えるようになります。

LINEモバイルから乗換えだったわたしの場合、LINEモバイルのプロファイルを削除しないと新たにプロファイルがインストール出来ませんでした。iPhoneはAPNプロファイルは1つしかインストールできないので、削除してから入れましょう。

開通すると、オプションの申込み完了のメールが届く

開通すると申し込んでいた、オプションの楽天でんわ(10分以内かけ放題)と、スマート留守電の申込み受付完了のメールが届きました。
両方ともアプリをインストール。
楽天モバイルは、アプリを起動すると表示される連絡先へのアクセスを許可するだけでOK。

スマート留守電は、別途設定が必要になります。

スマホ設定わからない楽天モバイルで行う、スマート留守電の設定方法

楽天モバイルメンバーズステーションは開通翌日以降ログイン可能

利用明細や契約内容が確認できる、メンバーズステーションへは開通翌日以降アクセスできるようになります。
オプション申込み、契約内容の変更などもこのサイトからできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA