「ごはん6:おかず4」の比率を守れば1日5合食べても太らないという事実が明らかに

ごはんと味噌汁
この記事は約4分で読めます。

毎週録画してみている番組「それって!?実際どうなの課」。様々な疑問を実際にやってみたらどうなのか?という番組なのですが、2021年9月15日の放送で実験していたのは、ごはんとおかずの比率を6:4で守って食事をすれば、大盛りごはんを食べても太らないというもの。番組の予告映像はこちらです。

この実験の元となる説では、1日に男性は2.5合、女性は2合の米食べても太らないというのです。
番組では、ごはん6:おかず4の比率でどこまで米の量を増やしても太らないのか、限界値を探るべく、1日目4合、2日目5合、3日目6合と米の量を増やして実験していました。

スポンサーリンク

実験の結果は5合食べても太らない(番組での検証)

番組での検証結果は、こんなふうに出ていました。
検証前に計った体重と比べた変化は以下の通り。

  • 4合食べた翌日の朝、-0.5kg
  • 5合食べた翌日の朝、±0
  • 6合食べた翌日の朝、+0.1kg

なんと、5合食べても翌日の体重は変わらず、4合だと体重が減っていたのです。
もちろん3日間だけの検証ですが、6合というものすごいごはんの量を食べても、翌日の体重にほとんど変化が出ないというのはびっくり。ダイエットで常識とされてきた炭水化物を減らすという噂が信じられなくなってきました。なんだ、米たくさん食べていいんじゃん。

お米を食べると体温が上がり脂肪燃焼する

この実験の元の説となる本はこちらです。


管理栄養士の柏原ゆきよさんが書いた本です。2013年に発売され、2020年に文庫版も発売されています。Amazonに書かれていた本の内容は以下の通り。


5万人以上の食事サポート経験を誇る著者による画期的なダイエット法!それほど太っていないのにお腹だけぽっこりと出ている人は、アンバランスな栄養によって体内のバランスも崩れている状態です。お腹やせスーパー栄養食材の「お米」を中心とした食事にすると、体温が上がり、絶えず脂肪が燃焼する体質に短期間で変わることができます!

引用:Amazon

著者の柏原ゆきよさんのインタビュー記事が、JAグループ千葉のサイトに掲載されていました。

このインタビューを要約すると

  • お米をしっかり食べると代謝が上がり、体温が上昇しエネルギー消費量が増える。
  • お米の1日の目安量は、女性は1.5~2合、男性は2~2.5合くらい
  • おかずを少し控えめにし、野菜などをたっぷり入れた具たくさんのお味噌汁を組み合わせる
  • よく噛んで、1回の食事に20分以上時間をかけることが理想

食事はよく言う「一汁一菜」。ごはんと味噌汁とおかず一品くらいのイメージ。番組でもチャンカワイが食べていたのは、丼めしに唐揚げなどのおかずと味噌汁という組み合わせ。そして、よく噛んで食べていました。

さらにお酒好きな方に朗報。お酒を飲む前か後におにぎり1個、または飲んだ後におにぎり1個と味噌汁を飲むと、アルコールの分解、食べ物の消化を促進してくれ、二日酔いにもなりにくいというんです。居酒屋での〆のおにぎりとか、間違ってなかったんだ!

食生活を見直してみるのがいいかも

最近は炭水化物が太る原因のように思わされていましたが、この番組を見てなんだかよくわからなくなりました。普段は昼は米を食べますが、朝はパンやバナナ、夜は炭水化物抜きで酒を飲むということが多いこの頃。ダイエットにもなって、アルコールの分解も助けてくれるなら、3食お米中心の食生活というのを試してみてもいいかなと思っています。

もちろん、番組は3日間のみの検証結果ですし、すべての方にこの結果が当てはまるわけではないので、違う結果になるかもしれませんが。

この食事に関する詳細は、柏原ゆきよさんのYouTubeチャンネルで詳しく見ることができます。
興味を持った方は、以下のリンクからいけます。

コメント