LINE pay 新インセンティブが分かりづらいのでまとめてみました

高還元率2%(100円につき2ポイント)のLINE payカードの特典が、2018年5月31日で一旦終了。

そして新たなポイントプログラム、LINE pay「マイカラー」プログラムが始まりました。

LINE公式ブログを読んでみたのですが、ちょっとよくわからない点もあるプログラムですね。
スタートから数度変更もあり、現在(2018年12月10日)の制度をまとめてみました。

銀行口座連携したLINE Moneyでしかポイントはもらえない

これからはLINE Moneyという銀行口座連携を行った方だけが、ポイント付与の対象です。

LINE Cashという銀行口座と連携を行う前の状態では、ポイントがもらえません。

LINEポイント付与の対象

◎LINE Pay残高を使った決済すべて

  • QR/バーコードでの「コード支払い」
  • LINE payカード支払い
  • オンラインショップでの LINE pay 残高支払い
  • LINE pay 請求書支払い
  • LINE Pay外貨両替
  • 自販機での利用

◎LINE Payに連携したクレジットカードでの決済

LINEポイント付与の対象外

  • LINEの友達への送金
  • 100万円/月以上の決済
  • 1回の支払いが100万円を超過した場合

ポイントは1回の支払い毎に算出され、毎月月末までの支払合計100万円が上限になります。ですが、1回の支払いが100万円を越える場合は、ポイントの対象外になります。

1回100万円以上の買い物をLINE Payでする方はそれほど多くないと思いますが、ポイント付与の対象外になるので注意です。

詳細はLINEのヘルプセンターのこのページに記載があります。
◎マイカラー(特典プログラム)
ー特典のLINEポイントが付与される条件は何ですか?

ポイントの付与率は前月の利用度合で4段階に格付け

幾度かの変更があり、現在のバッジカラー別の還元率は以下の4段階になっています。

2019年7月31日までは、コード支払いを利用するとマイカラー基本ポイントに3%プラスされます。

カラー判定基準は前月の決済金額を元に絶対評価で判断

スタート時は、様々な要素を加味した相対評価でカラーが決まるとされていましたが、批判が多かったのでしょうね。

2018年11月からは前月の決済金額を元に、絶対評価で翌月のカラーが決まります。

バッジカラー 前月の決済金額
グリーン 10万円/月
ブルー 5万〜9万9,999円/月
レッド 1万円〜4万9,999円/月
ホワイト 0円〜9,999円/月

LINE Pay が使える店

LINE Payが利用できる店はこちらになります。
正直なところ、自分の生活圏内にある店舗が少ない印象です。

LINE Pay カードを持っているので、JCB加盟の店舗なら利用できるのですが、いつも使っている楽天カードで決済しちゃいますね。

PayPayも登場しガンガン現金をバラ撒いているので、キャッシュレス決済はこれから覇権争いが増しそうです。

※この記事の内容は、2018年12月10日時点でのLINE公式ブログの内容を元に書いています。最新の情報はLINE公式サイトで確認下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA