DJI Osmo Pocket ハイパーラプスで車載映像を撮影してみました

動画
この記事は約2分で読めます。

DJI Osmo Pocketのファームウェア・アップデートでハイパーラプスという機能が加わりました。
Go Pro HERO7 Blackに搭載されているタイムワープという機能と同じです。

ハイパーラプスはなかなか楽しい映像が撮れるので、今回は車に載せて撮影してみました。
その前にタイムラプスとハイパーラプスの設定方法の違いも書いておきます。

スポンサーリンク

タイムラプスが3種類に、その違いは

今回のアップデートで、タイムラプスは3種類になっています。
タイムラプスモーションラプスハイパーラプスの3つです。

何がどう違うのかというと、すごく簡単に言ってしまえば

  • タイムラプス – カメラを固定してコマ撮り
  • モーションラプス – カメラ位置は固定、カメラの向きを変えながらコマ撮り
  • ハイパーラプス – カメラを移動しながらのコマ撮り

みたいな感じです。
ものすごくざっくりと言っていますが、機能としてはそんなところです。

Osmo Pocket での設定では、タイムラプス、モーションラプスはシャッターを切る間隔と、撮影する長さを設定します。さらにモーションラプスでは、撮影する始点と終点を決めます。

例えば、3秒間隔で30分撮影にセットすると、20秒の動画が撮影できます。

タイムラプス設定画面

シャッターの間隔と撮影時間を設定します

ハイパーラプスの場合は、速度を設定します。(2倍、5倍、10倍、15倍、30倍)
撮影し始めると、撮影時間と実際の動画の長さがモニターにリアルタイムで表示されます。

ハイパーラプス設定画面

速度を設定します

では、実際にハイパーラプスで撮影した車載動画はこちらになります。

DJI Osmo Pocket ハイパーラプスで撮影した車載動画

動画のなかでも言っていますが、前半は10倍の速度で撮影。後半は15倍で撮影しています。

DJI Osmo Pocket ハイパーラプスで車載映像 横浜

カメラ位置を前半は助手席、後半は運転席に近い位置にしています。
後ろからとか、色々アングルを変えて撮影するのも楽しそうです。

今度は歩きでも撮影を試してみたいと思います。

コメント