これは使える!無料のPC動画編集ソフトまとめ

Mac
この記事は約4分で読めます。

最近は商品購入を検討する際には、ブログなどでのレビューよりもYouTubeで動画でレビューをしている方をよく見てしまう。サイズ感や操作性、実際の動きなど、動画だとやっぱり伝わりやすいというのがありますね。

そこで動画編集を趣味程度にやっていますが、動画編集ソフトは無料で使えるものがたくさんあります。色々と触ってみたなかで、これはというものを紹介します。

スポンサーリンク

音声から字幕を自動作成してくれる「Vrew」

動画の音声を認識し、字幕を作成してくれるソフト。
字幕やキャプションって、動画で大事ですが打ち込みって面倒ですから。これを使えば、かなり時間短縮にはなるのではないでしょうか。

使い方はこちらのチュートリアル動画で確認できます。

あの”ゆっくり霊夢”動画が簡単に作れる「ゆっくりMovieMaker4β」

ゆっくり解説、ゆっくり実況、ゆっくり不動産など、YouTubeに溢れるあの独特の語り口の動画。
例えばこちらの動画とか。

これ専用のソフトがあるんです。しかも無料。
使い方も、何か動画編集ソフトを扱ったことがある方なら、わかりやすい使い勝手ではないでしょうか。細かい使い方も、検索すると出てきます。ダウンロードこちらの公式サイトから。

キャラクター素材はこちらのサイトからダウンロードできます。

無料で高機能満載「DaVinci Resolve ダビンチリゾルブ」

無料なのにプロ並みの高機能が使えるのがこれ。オーストラリアのブラックマジックデザインが開発・配布している「ダビンチリゾルブ」。ただし、最初は操作に慣れが必要です。逆に最初からこれを使えば、他が簡単に思えるでしょう。チュートリアルも最近いろんなサイトが出てきているので、わかりやすくはなってきています。

とっつきやすくわかりやすい「Filmora」

比較的簡単に編集ができ、エフェクトも結構あるのがこれですね。現時点でバージョンは「Filmora Ⅹ」。無料でダウンロード、動画編集ができますが、動画を書き出す時にウォーターマークが大きく入ります。ウォーターマークを消したい場合は有料になりますが、1万円程度なので安いと思いますよ。わたしもこれ購入しました。

エフェクト素材が続々追加されますが、追加で課金が必要になります。手っ取り早く簡単にエフェクトを入れて作りたい方におすすめです。

YouTubeにも公式チュートリアルがあって、わかりやすく解説されています。

DVDパッケージ版も販売しています。

Windowsならフォトの「ビデオエディター」Macは「iMovie」

購入やダウンロードしなくても、Windowsに入っているフォトのビデオエディターがあります。操作も簡単で、凝ったことをしなければ十分ではないでしょうか。動画編集のとっかかりとして使ってみるのも。

MacにもiMovieがあります。これは十分使えるくらいの動画編集ソフト。字幕のバリエーションが少なかったり、アニメーションは入れられなかったりしますが、必要十分ではあります。

まずは、無料で使えるこれらのソフトをいじってみてから有料にいってみるのが良いかもしれません。手を動かしてみましょう。

コメント