DJI Osmo Pocket D-Cinelike カメラでの設定の仕方と横浜の風景を撮った動画

動画
この記事は約3分で読めます。

DJI Osmo Pocketのアップデートで、PROモードにするとD-Cinelikeという色調で撮影できるようになりました。
ということをYouTubeで見たのですが、知識があまり豊富でないわたしは、最初はどこから設定したらいいのか分からずにいたのですが、やはりYouTubeで解決し無事使えるようになりました。

D-Cinelikeの設定の仕方と、早速動画を撮影してみました。

スポンサーリンク

カメラでD-Cinelikeに設定する方法

D-Cinelikeができると言われていましたが、DJI Osmo Pokcketのサイトでもやり方が見当たらず、どうしたものかと思っていたら、この動画ですべてが解決しました。
こちらの動画はシネライクで撮影していて、後半9:40あたりからカメラでの設定方法を解説しています。

【神アプデ?】DJI Osmo Pocketのアップデート検証!シネライクで撮る1日

わかりやすい動画です。
再度手順を書いておきます。

D-CineLike設定方法
  • 手順1
    設定画面へ

    画面を上からスライドして、設定画面を表示。

  • 手順2
    左にスライドしてPROを表示

    左へスライドして「PRO」のマークをタップ。
    すると若干「PRO」のマークが明るく表示されます。

    PROをタップすると・・・

    PROが微妙に明るく表示される

  • 手順3
    動画画面でProをタップ

    画面左上の黄色い「PRO」マークをタップ。

  • 手順4
    カラーを標準からD−Clikeへ

    左上のカラー「標準」をタップすると、「D−Clike」に設定できます。

    カラー「標準」から

    D-Clikeへ

これで設定完了です。

横浜の風景をDJI Osmo Pocket D−Cinelikeで撮影

試しにランニングも兼ねて、赤レンガ倉庫、象の鼻パーク、山下公園あたりを撮影してみました。

DJI Osmo Poket D-Cinelike で撮影した横浜

元々の派手めな色調が抑えられ、落ち着きのある映画のフィルムのような色味になっています。
YouTubeに上がっている他の動画をみると、D−Cinelikeで撮影してさらに色味を加工したりしている方もいますね。

そこまでの編集ソフトがないので、この動画は撮ってそのままの色調です。
なかなかいい感じ。色々と試して撮っていこうかと思います。

コメント