6年前のWindowsPCをChromebook化にしてみたが・・・

Windows
この記事は約4分で読めます。

最近はデスクトップPCで作業することが多く、我が家には1台使っていないノートPCがある。
もう5・6年前に買ったLenovoのYOGA 710だ。OSはWindows10だがスペックが良くない為、反応が悪く、使いづらいことこの上ない。なので、ChromebookをUSBメモリから起動する方法で入れてみましたが・・・。ネットの説明通りにやったつもりだったのですが、途中変なトラップに引っかかり、時間が掛かった割には、あんまり使い勝手がいいもんじゃなかったです。

スポンサーリンク

準備するのは8GBもしくは16GBのUSBメモリ

USBメモリを使って、WindowsをChromebook化できると何かで読んで知っていました。スペックのそれほど良くないPCでも使えるという言葉を信じ、まずは16GBのUSBメモリを近所の100均キャンドゥで購入。

100均で販売していますが、価格は550円です。ただし、形状が長めなので、ノートPCに挿すと飛び出したようになり邪魔です。もしやってみようという方は、形状が小さめのUSBメモリをおすすめします。例えば、このタイプとか。

CloudReadyでWindowsをChromebook化する方法

やり方、手順に関しては、こちらの動画で丁寧に教えてくれてます。BIOS画面の表示などは、PCにより多少違いますが、PCにそれほど詳しくない私でも理解できました。

一点だけ注意することはココ

動画どうりにやればできるのですが、1点だけこの動画では触れていないことがあり、これが最初の失敗に繋がりました。それは、USBメモリにCloudReadyをインストールした後、もし以下の表示がでたらキャンセルか✕をクリックして閉じてください

ディスクのフォーマットはしちゃダメです!

PCによっては出ない場合もあるようです。
最初知らずにフォーマットをクリックしてしまい、USBメモリを挿して電源を入れるも、真っ暗な画面に以下の表示が出るばかりで、何もできませんでした・・。

Minimal BASH-like line editting is supported.For the First word,TAB lists possible command completioms.Anywhere else TAB lists possible device or file completioms.
gruv>

とりあえず和訳してみると、「最小限のBASHのような行編集がサポートされています。最初の単語として、TABは可能なコマンド完了をリストします。それ以外の場所では、TABは可能なデバイスまたはファイルの完了を一覧表示します。」という意味。和訳したところでなんだか分からず、gruvというのがOSを起動させるプログラムだというのはわかったのですが、TABキーを押して表示されるコマンドの意味がわかりませんから。
なんでこんな表示になったのか、色々と検索してみると、先程のディスクのフォーマットが原因のようで、再度USBメモリを空にしてCloudReadyをインストール。するとようやく立ち上がりましたよ、Chromebookが。わたしと同じようなPC素人の方は気をつけましょう。

Chromebook化した結果は残念な感じです

やっと立ち上がると、こんな画面から始まります。

言語やらキーボードを日本語に設定して、Googleアカウントでログインします。

やっとできましたが・・・何故かかなり重いです。スペックの低いパソコンでもサクサク動くというのでやってみましたが、ウチのパソコンの場合なのか?設定が悪いのか?はたまたUSBメモリーからでなく、Windowsを削除して入れないとダメなのか?要因はわかりませんが、とにかく動きが悪すぎて使えません。Windowsの方がちゃんと動きます。

詳しい方がいたら教えて欲しいところです。

コメント

  1. コーちゃん より:

    こんにちは。もう解決したかも、ですが・・・。
    作ったUSBから起動した時点では、USBからCloudReadyが動作していますので、通常重くて、遅いです(使われているUSB2.0ではさらに遅い)。
    マウス操作や表示に問題がない場合には、右下から出すメニューで「Install OS」を選んで、PC内にインストールします。
    それが原因なら、大きく変わるんじゃないかと思います。
    ご参考まで。

    • ギリズム ギリズム より:

      やっぱりPCにインストールしないと遅いんですね・・・。ありがとうございます。