Chrome OS flexをYOGA710にインストールしたらサクサクと使いやすくなった

Windows
この記事は約4分で読めます。

最近全く使っておらず、机の傍らに転がっていたノートPC。
2016年9月に発売された、lenovo YOGA 710 11IKBという製品。

ぐるりとノートが180°回転し、タブレットモードになるという製品で、スペック的には、こんな感じのPCです。

画面サイズ:11.6型(インチ)
CPU:インテル Core m3 7Y30(Kaby Lake)/1GHz/2コア
ストレージ容量:SSD:128GB
メモリ容量:4GB ビデオチップ:Intel HD Graphics 615

今でもWindows10が普通に動きますが、タッチパッドが過敏で使いづらく、lenovoからのお知らせがポップアップで頻繁に来たりと、全く使う気にならなくて最近放置してました。タブレットとしても全く良くないんですよねー。
そんな折、ChromeOSが新しくリリースされたという記事を見つけたので、思い切って本体にインストールしました。そしたら、使いたくなるPCに変身しましたよ。

スポンサーリンク

Chrome OS flexを本体にインストール

Chrome OS Flexのインストールの手順は、Google公式サイトで確認できます。

もしわからない場合は、検索すると色々出てきますね。ただし、情報が古かったりするので、最新情報はGoogle公式がいいです。

PCの他に必要になるのは、8GB以上のUSBメモリー。私は100均で買ったものを使いましたがOKでした。USBメモリーにOSをダウンロード。USBメモリーからPCを起動し、まずはインストールせずに立ち上げてみましたが、激重だし固まるので素直にPC本体にインストール。

この画面がしばらく続き、3回くらいタイムゲージをクリアしたあとシャットダウン。USBメモリーを抜いて、立ち上げるも3回くらいうまく立ち上がりませんでしたが、なんとか無事インストール完了しました。

そうそうこのPCはGoogleが動作を保証するChrome OS flexの認定モデルではないですが、今のところ問題なく動いてます。

起動もサクサク、ダークモードもOK

普段使っているGoogleアカウントでログインし使用開始。起動もサクサクしていて、動きは全く問題ないです。途中でOSのアップデートが入り、どうやら最新のものにアップデートされたようです。

WindowsやMacのように、ダークモードに設定もできるし、Windowsで違和感の合ったタッチパッドのスクロール方向も逆できたりと、これまでより格段に使いやすくなりました。ただし、使えることはGoogleのアプリに限られるので、Windowsのようにアプリをガンガン入れたりはどうやらできないようなので、今後の展開に期待したいところ。まぁ、主にネットと文章を打つことにしか使わないと思うので、これでいいかも。

デスクトップで右クリックで表示される「壁紙とスタイルを設定」をクリック
テーマを「暗」にするとダークモードに

Chrome OSとChrome OS flex は違う

ChromebookのChrome OSと、Chrome OS flexはどうやら違うようです。
Chrome OS flexは

  • Android アプリや Google Play をサポートしていない
  • Parallels Desktop を使用する Windows 仮想マシン(VM)の実行をサポートしていない

他にはセキュリティ面や、色々と細かい部分で違うようです。詳細はGoogleの公式サイトで確認できます。

使ってないPCがあったらお試しを

使っていないPCがあったら、試してみるのがいいと思います。わたしの場合、ちょっと使う気になったので、外でPCを使いたい時に持ち出そうと思います。
新規で買うなら、3万円くらいからChrome OS搭載のPCが結構出てるので、ネットとメール、文章などを打つのに十分なので、最初の1台としてもいいかも。

※2022年9月時点の情報です。割りと頻繁に更新されているようなので、最新情報は公式サイトで確認ください。

コメント