Windows11 時計の秒を表示するならTVClockが便利

Windows
この記事は約2分で読めます。

Windowsアップデートからしつこいくらいに「Windows11へのアップデートが準備できましたよー!入れて入れて!」と催促が表示されるようになったので、やってみっかとこの度Windows11を導入。ちょっと慣れない部分も少しありますが、概ね使いやすいと感じているしだいです。
しかし、これまでタスクバーに入れていた秒まで表示してくれる時計アプリ「TTClock」が対応しておらず、表示されなくなってしまいました。

そこで今回は「TVClock」というアプリをインストール。
表示はシンプルですが、使い勝手もTTClockと似ており、なかなかいい感じです。

スポンサーリンク

時計を秒まで表示してくれる

アプリの名前がTVClockというくらいなので、朝のテレビのように画面に時計を表示してくれるというもの。作者のサイトではWindows11に対応とはなっていませんが、普通に使えています。

ダウンロードして起動すると、デフォルトでは左上に時計が表示されます。時計を左クリックするとメニューがあらわれるので、共通設定をクリック。

共通設定の「配置」から『常に全面に配置』を選択。

時計をドラッグしてタスクバーの左に移動しました。

時計を秒まで表示するには、スタイルの編集から秒「あり」を選んで適用をクリックすればOKです。

時計のフォントやサイズも、スタイルの編集で変えることができます。

時報やアラームなども編集可能

時計の表示だけでなく、時報やアラームも設定可能。ネットでダウンロードしたフリーの効果音などで好きな音で設定もできます。
現在モニター2つで使っているのですが、どちらのモニターに表示するのか、両方に表示するのかもメニューからワンクリックで指定できるので重宝しますね。

ダウンロードは窓の杜からしました。

コメント