TSUKUMO G-GEAR mini GI5A-B201/T 【Ryzen5 PRO 4650G】搭載のPCを購入してみた

PC本体 PC
この記事は約3分で読めます。

これまで完全にMac派で、長年iMac、MacBookAirと使ってきました。
それが何故か、YouTubeで自作パソコン動画を見ていたら、安くて性能が良いならWindowsでもいいか、と考えが変わりました。

そこで自作パソコンを作るのも良かったのですが、BTOでもそんなに変わらないかもと思って、たどり着いたTUKUMOで販売していた小型のデスクトップを購入。

ゲームもとりあえずはしないかなぁと思い、GPU搭載のCPU【Ryzen5 PRO 4650G】が載っているヤツです。

マウスコンピューターやら、パソコン工房、他のBTOパソコンメーカーも見ましたが、決め手はサイズの小ささ。テーブルの前のラックに収めたかったのもあり、このサイズ感が良かったのです。

スポンサーリンク

梱包サイズと本体サイズ

佐川急便で届きました。

ダンボール

納期は当初5営業日目の出荷となっていましたが、月末だったからでしょうか、3日目に出荷されました。前日のメールを見ていなくて、ちょっとびっくり。

開けると、緩衝材できっちり梱包されています。

梱包されているPCを

取り出すと、このサイズ感。

PC本体

といっても対象物が写っていないのでわかりにくいですが、TUKUMOのサイトでじっくりとスペックをご覧ください。

ベンチマークテスト

とりあえず性能を数値で表すとどんなもんなのか、YouTubeでよく見るベンチマークを計測してみました。

最初に言っておきますが、PC素人でどのベンチマークがどんな感じなのか、よくわかってません。参考程度に見てください。

シネベンチR20

3,501pts

シネベンチR20

シネベンチR15

1,485cb

シネベンチR15

R20のあとに、R15というのを吉田製作所でやっていたので、こちらも試しに計測。

FF14ベンチマーク

1920×1080 高品質(デスクトップPC)

やや快適 判定。

ffベンチ

やや快適

FF15ベンチマーク

1920×1080 高品質(フルスクリーン)
スコア1080 動作困難

動作困難

もうね、カクカクしててこれは無理。

そしてもう一回してみました。

動作困難

1,920×1,080 標準品質(ウィンドウ)
スコア1,766 動作困難

設定を下げたら、なんとか見れる感じにはなりましたが、動作困難判定です。

もちろん、グラボが無く、プロセッサー内蔵グラフィックスのRadeon™ グラフィックスなので、しょうがないところ。まぁ、グラフィックの凄いゲームはしないつもりです。

 

ちなみに、PUBG LITEをダウンロードしてプレイしていますが、特に支障は感じずにプレイできています。

ダビンチリゾルブが使えない?

動画編集をしてみようと、無料で使える高性能動画編集ソフトのダビンチリゾルブ16をダウンロード。インストールして、動画素材を読み込むところまではサクサク動くのですが、編集しだすと、動画が乱れて全く使えなくなるというのは何故なんでしょう?

一度削除して再インストールしてみるも、結果は同じ・・・・。
悩みあぐねています。

どなたか分かる方がいたら教えてください。

 

その他は、それほどハードにはまだ使っていないのですが、Windowsの立ち上がりも速く、サクサク動くところは気に入っています。

コメント