サロモンTRAILBLAZER20 Copen Blueを購入リーズナブルで日常使いにもぴったり

サロモントレイルブレイザー20Copen Blue グッズ
この記事は約4分で読めます。

いつもユニクロで購入したバックパックを使っています。日常使いには十分なのですが、固定するベルトが無いので、どうしても走ったりすると激しく揺れます。

ハイキングやジョギングの際に使えるバックパックが一つ欲しかったので、Amazonを探索。コスパがよく、前から使ってみたかったサロモンのバックパックTRAILBLAZER20を購入してみました。

使い始めたばかりの、レビューです。

スポンサーリンク

色は Copen Blueを購入

カラーについては、画像と実物だと印象が違うかもしれないので、通販で購入するかたは色々な画像を見比べてみたほうがいいかもしれません。

※このサイトで使っている画像は、冬の午後4時近くに太陽光で撮ったのですが、ちょっと暗めです。

最初は黒を購入しようかと思ったのですが、家にあるのが黒とかネイビーブルーばっかりなので、この色にしました。届いてみると可愛い感じのする色で、すぐに気に入りました。

TRAILBLAZER 20の8つのポケット

トレイルブレイザーには8つのポケットが付いています。

メインのポケットはガバっと大きく開き、荷物が詰めやすいく取り出しやすいです。

メインポケットを開けたところ

その内側には、もう一層ポケットがあります。上部には給水用のハイドレーションのパックを釣れるようにフックが付いており、ホースは肩の部分から通して外部に出せます。左右どちらからも出るようになっています。

メインポケット内のポケット

PCも入れることもできそうですが、防護用にクッションなどは入っていないので、PCカバーが必要でしょう。

その外側には、入口の大きなポケット。

外側のポケット

バックの上部には深さ13cmくらいのポケットがあります。キーホルダーが付いており、ガギやサングラスを入れたり、大きめの財布を入れるならここがいいでしょう。

上部のポケット

サイドのポケットには、500mlのペットボトルがスッポリと入ります。バックを背負ったままでも、取り出せました。※注・40肩・50肩の方には、つらいかもしれません(涙)

左にペットボトル

右にペットボトル

左側にはトレッキングポールを固定できるゴムが上下にいます。

左上下にポール固定のゴム

腰のベルトにもポケットが付いています。

左側はチャック付きでマチがあり、小物や飴などのやお菓子などの食料入れにいいかもしれません。スマホを入れてみましたが、iPhone SE(4.7インチ)くらいの大きさなら、問題なく出し入れできます。

iPhoneを入れたところ

画像はiPhone7です

ですが、わたしの普段遣いのOPPO Reno A(6.4インチ)だと、なんとか入りますが、出し入れするのに引っかるので諦めました。

OPPO Reno Aを入れたところ

OPPO Reno Aは、ちょっと無理があります

小さめな財布なら、ちょうどいい感じです。

小さい財布を入れたところ

無印のトラベル用ウォレット

右はメッシュのポケットで、上部は開放されています。補給用のゼリーとか、飴とか、ちょっとしたものを入れる感じです。iPhone SEなら入りますが、上部が空いているので走ると落下するかもしれないので注意です。

iPhone7を入れたところ

OPPO Reno Aは無理かと思いきや、背負った状態でグイっと入れるとちょっと飛び出しますが、なんとか入ります。落下には注意が必要です。

OPPO Reno Aを入れたところ

大きすぎるのは無理かも

ランニングで揺れないかは中身にもよるかも

胸の部分で留めるチェストベルト、腰で留めるウエストベルトでしっかり固定するので、軽くランニングしてみましたが、揺れに関しては気になりませんでした。

背中に当たる部分

ただし、目一杯ものを入れたり、PCなどの重量物を入れるとどうしても揺れるでしょう。そこは使い方しだいではないでしょうか。まだ、タオルや着替えカメラなどを入れたくらいなので、実際のところはわかりませんが。

サイズは普段使いでもぴったり

ハイキングや日帰り登山に関わらず、日常使いでもいい感じで使えますね。サイズもユニクロや無印良品などで販売している、よくあるサイズですから。

登山やトレラン用のバックパックのなかでは、かなりコスパがいいので、これからハイキングや通勤ランをしたい方などにもぴったりではないでしょうか。

コメント