GARMIN ForeAthlete45バックライトが点かなくなり修理にだしてみたら

ForeAthlete45 ランニング

購入してから毎日のように身に着けていた、ForeAthlete45。
ある日の朝方、時間を見ようとライトボタンを押しますが、なぜかバックライトが点灯しなくなりました。

説明書を読んでも、その症状に該当する記述はないので、電源切ってみたり、初期化したりしてみるも、何の変化もありません。

購入が昨年の8月と保証期間内なので、GARMIN JAPANに修理出してみました。

スポンサーリンク

GARMINに修理に出す手順

公式サイトにアクセスし、右上にあるサポートをクリック。

スクロールすると現れる、クイックリンクの中にある「修理のご依頼」のフォームから、連絡を入れました。

依頼当日の夕方にはメール返信があり「とりあえず本体を確認したいので送ってください」との内容。

  • 本体
  • 保証書
  • メールのコピー

をセブンイレブンで購入した、ヤマト運輸の宅急便コンパクトの箱に入れて送りました。

送料は、初期不良(購入後8日以内)を除いて自己負担になります。まぁ、店舗で買ったとしても、徒歩圏に店舗がなければ持ち込むのに交通費が掛かるので、ここはしょうがないでしょう。

というか、スマートウォッチは販売した店舗ではどうにもできないので、直接メーカーに問い合わせて送るしかないんですね。

ちなみに宅急便コンパクトで神奈川県から埼玉県に送った場合の料金は580円
内訳は以下の通りです。

  • 宅急便コンパクト専用ボックス 70円
  • 送料(コンビニ持ち込み) 510円

しばらく手元にないのがアレですが、連絡を待つしかないですね。

結論は同機種との交換

予定着日の翌日10:30頃、GARMINより修理品が到着したとのメールあり。
その1時間後には、修理品の検証が完了したとのメールが届きました。

修理状況は、GARMINのサイトの修理状況照会から確認ができます。アクセスしてみるとこんな感じです。

GARMIN修理状況

 

そして、約1週間後。
そろそろ回答があるかと、修理状況照会を覗いてみると、修理方法にデバイス交換の文字があるではないですか。

デバイス交換メール

そして、夕方メールで本日発送したとの連絡が入りました。

修理品送付からちょうど1週間。
本体着日に検証して交換ということなら、もっと早く送ってくれてもいいのでは?という気もしますが、人員や処理件数が多いなどの事情もあるのかもしれないので、なんとも言えませんが・・・。

交換品はあくまでも本体のみ

通知の翌日にヤマト運輸で修理品が届きました。

箱と梱包材

書類と本体

本体と、サービス伝票、保証書が入っています。

本体と伝票

本体を見ると、表面に保護シールが貼ってありますが、シールに気泡が何ヶ所か入っているのでどうやら新品に交換されたわけではないみたいです。シールを剥がすと、気泡の丸い跡がついていました。

ForeAthlete45

バンドは使用して留め金の跡が残っているので、送った時のものを付けているよう。

てっきり新品の箱に入ってくるのかと思ってましたが、そんなわけはないですね。交換と言ってもあくまでも本体部のみで、そして新品ではないようです。

まぁ、バックライトも点いて正常な動きになったので、良しとしましょう。

本体が変わっているので、スマホアプリGarmin Connect Mobileから一旦デバイスを削除して、新たにこのデバイスを追加。改めてペアリングしました。

交換後の保証は3ヶ月または当初の保証期間

本体と一緒に送られてきたサービス伝票には、交換修理対応後の保証についても明記されています。

交換修理後の保証期間は、お客様の元に修理完了品が到着してから3ヶ月間、または製品保証期間の長い方を適用いたします。

交換したからといって、交換品は1年間の保証が新たにつくわけではないんですね。そういう決まりのようです。

 

機械ものはどうしてもハズレを引くことがありますので、まぁしょうがない。ちょっとした手間は掛かりましたが、直ったので良しと納得するしかないです。

コメント