コスト0円プロが提案する手作りバフ、簡単ランニングマスクの作り方

ランニングマスク ランニング
この記事は約3分で読めます。

山中伸弥教授のランニング時のマスク、バフ(Buff)着用の提案動画の影響力は凄いようで、通販でバフを探すと、類似商品も含め品薄や、かなり納期がかかるモノが多くなっているように見受けられます。

そんななか、ランニングのプロがおすすめする、コスト0円でできる手作りランニングマスクをあつめてみました。

スポンサーリンク

金さんはTシャツの袖を切ってマスク状に

ランスマなどの番組でもおなじみ、ランニングコーチの金哲彦さんがおすすめするのは、Tシャツの袖を利用しマスク状にして装着するというもの。着古したTシャツと、ハサミがあればできます。

この投稿をInstagramで見る

金 哲彦 (Tetsuhiko Kin)(@kintetsuhiko)がシェアした投稿

作り方は、動画で解説しています。
金哲彦さんのチャンネル登録も是非。

ランニング用マスクの作り方(新型コロナウィルスCOVID-19対策として)

 

 

月刊ランナーズで連載しているという、サブスリー鍼灸師の柳さんも、Tシャツの袖を利用してつくっていますが、切るだけ、無加工でかぶるという強者です。

山中伸弥教授も推奨、今市民ランナー注目のbuff、たった10秒で作ります。しかも首元が涼しいです。エチケットに気をつけて走りましょう!

これは、ちょっと苦しそう・・・。

鏑木さん別に切らんでもいいのでは

プロトレイルランナー鏑木毅さんは、NORTH FACEのジプシーカバーイットをカットして作っています。

このジプシーカバーイットって何?と思い検索してみると、Buffと同じような筒状の布。

べ、別に切らなくてもいいのでは?と思ってしまったのは、わたしだけでしょうか。

ジプシーカバーイットは、検索すると、やはりどこも売り切れてますね。

この投稿をInstagramで見る

鏑木毅(@tsuyoshikaburaki)がシェアした投稿

作り方(切るだけですが)は、公式ブログで綴っています。

ハンカチとゴムで簡単マスク

身の回りのものを利用して作るのなら、これが一番簡単でいいかもしれません。
ゴムとハンカチで作れるので、簡単で使いやすそうです。

たった10秒!簡単ハンカチマスクの作り方!Only 10 seconds! Easy way to make a "Handkerchief-Mask" without sewing.

今はちょっとの話題で、すぐに品薄・品切れになる状況。
買えなかったら、身の回りのものでも工夫次第で簡単に作れます。

作らなくても、ハンカチやバンダナを、そのまま口元に巻いてもいいですしね。
こんな時期なので、まわりを慮っていきましょう。

コメント