野毛『手打ちそば 武山人』細麺の美味しい蕎麦を山形の日本酒とともに

グルメ
この記事は約2分で読めます。

雨が続く7月。
野毛は宮川町の「内田日和」と「Osrteria 濱膳」の間にある『手打ちそば武山人』に行ってみました。

落ち着いた佇まいのなか、山形の日本酒と美味しいそばがいただける店でした。

スポンサーリンク

宮川町の大岡川近く

週末ともなれば、野毛の桜木町に近い方は通りに人が溢れています。
そんな時でも宮川町は比較的人が少ないので、割とこっちで飲むことも多いです。
もちろん歩く人は少なくても、人気のお店は混んでますが・・・。

この日も行きつけの飲み屋がいっぱいだったので、ふらふらしているとこの店が目に入ったので入店してみました。

武山人入口

写真は閉店後に撮ったので、灯りがついていません

通りからはガラス張りで中が見えるので、入りやすいお店。
入口正面には、そばを打つスベースがあります。

まずは瓶ビールで乾杯。

サッポロビール

サッポロ「赤星」です

つまみに三点セットを注文。

おつまみ三点セット

この日は生麩、キャラブキ、しそ巻の三点

ビールで喉を潤したら、日本酒を注文。
山形の日本酒銘柄がメニューに並んでいます。

この日飲んだのは、「山形正宗」90ml。

山形正宗

箸置きは落花生です

しっかりとした、飲みやすい日本酒でした。(たしか)

そばは細くてわたしの好み

締めに「せいろ」を注文。

せいろ

シンプルなせいろ

そばは細くて、のど越しもよく、わたし好みの美味しさでした。
量はちょっと少なめ。飲んだ後にはちょうどいい感じです。

今回は頼みませんでしたが、おつまみ類もいろいろとありました。

メニューにあった、「つけ鴨せいろそば」1,700円が気になりましたが、価格に躊躇してしまいました。
次回はチャレンジしてみようかと。

コメント