野毛『叶家』 70年続く居酒屋 店内も広くて清潔感があり落ちついた佇まい

叶家 グルメ
この記事は約3分で読めます。
サイト内のリンクの一部にはアフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

先日ここ10年くらい行っていなかった「叶家」さんへ飲みにいきました。
5年前に店を改装したようで、中はかなりきれいで落ち着いた雰囲気のお店になっていました。

お店は桜木町駅から野毛ちかみちを通り、地上に出たらラーメン一蘭の角を入って真っ直ぐ進み、ファミリーマートの先になります。店構えが大きいのですぐに分かりますね。

スポンサーリンク

「叶家」は樹木希林の母が戦後始めた店

野毛ではかなりの有名店で、今年で創業70年。
2018年9月に亡くなった女優「樹木希林」の母が創業し、その後長男(樹木希林の兄)が店を継ぎ、現在はその娘さんが女将を務めているそうです。
創業してから長男が店を継ぐようになった経緯や、希林さんとの関係などは、以前NHKで放送したファミリーヒストリーで語られていましたね。

ファミリーヒストリーは、NHKオンデマンドにも今はないみたいですが、検索してみるとあるかもしれません。
たぶんそのうち消されそうですが・・・。

“はまれぽ”でも取材されています。

1Fカウンターには、樹木希林さんがヨコハマ映画祭で特別大賞を受賞した時のトロフィーが置かれているそうです。

料理はどれも安心感のある美味しさ

店に入ると、1階はカウンターとテーブルがいくつか。
この日は2階に通されましたが、2階はテーブルがいくつかと座敷かなり広いスペースになっています。
80人まで宴会が可能なそうなので、野毛で大人数でさまよっている場合は、連絡してみると空いているかもしれません。

店内は落ち着いた色調の佇まい。テーブルもゆったりしているので、ゆっくりできます。

久しぶりに来たこの日、食べたものはこちら。
※価格は全て税別。2019年7月時点の価格です。

おまかせ刺身3点盛り 1,500円

刺身3点盛

桜えびのかき揚げ 680円
サクサクしてほろほろと崩れ落ちる、ちょうどいい揚げ具合で美味しかったです。

桜えびのかき揚げ

アジフライ 680円
大きくて美味しい。

アジフライ

どれも美味しかったです。
気をてらわず、安定感のある職人が作った料理といった感じがします。

飲み物は、

  • 生中 プレミアムモルツ 600円
  • ジンジャーハイボール 500円
  • ジンジャーサワー 500円

をいただきました。

少人数から宴会まで頼れる店

最近野毛に行くと、小さい店をいろいろと回ったりしていますが、週末のピーク時間はどこも入れなかったりします。
また人数が多いと野毛界隈は入れる店も限られているので、そんな時でも頼れる店のひとつがここでしょう。

1人、2人から、大人数での大宴会まで対応しているので、オールマイティです。
2階もテーブル席と、座敷の間に目隠しのように仕切りが高くなっているので、宴会が入っていてもテーブル側は落ちついて飲める工夫がされています。

※2020年9月27日に、閉店しました。
張り紙には一旦閉店と書かれているので、復活もあるのかなぁ。わかりませんが。

叶家の閉店を知らせる貼り紙
桜木町・野毛の老舗の和食居酒屋「叶家」(横浜市中区花咲町1)が9月27日に閉店。

※2021年10月20日に復活!

店の前を通った時に、再開の張り紙があったので気になっていたのですが、正式復活したようです。

ただいまメンテナンス中です

2階は別の店舗になり、1階だけ(カウンター14席、テーブル24席)のお店になりました。

コメント