横浜マラソン2021エントリーは4月7日(水)開始 募集人数料金などの詳細

ランニング
この記事は約3分で読めます。

横浜マラソン2021のエントリーが4月7日からとなっていることにさっき気が付きました。

今年の開催予定は、2021年10月31日(日)

新型コロナウィルスがなかなか終息しませんが、各地でマラソン大会がポツポツと開催されているようなので、東京も横浜も動いている感じなんでしょうね。

横浜マラソンの公式サイトで大会概要や、エントリー方法が掲載されているますが、何故か料金が見当たらない。よく探すとpdfのチラシの方に書いてあるじゃないですか。

しかし、参加料金をみてちょっとびっくり・・・。

スポンサーリンク

募集人数と参加料金

募集人数は28,100人。
うち、フルマラソンは20,000人です。

参加枠募集人数参加料金
女性ランナー優先枠6,000人23,000円
地元優先枠横浜市2,000人
 神奈川県1,000人
一般枠9,800人
ふるさと納税枠500人123,000円
チャリティ枠200人58,000円
チャレンジ枠500人対象イベントにより異なる
オンラインマラソン8,000人5,000円
車いすチャレンジ100人4,500円

女性枠にやたらこだわりますね。
今年は短い距離のレースは車いすのみ。他は全てフルマラソンになります。前回あった外国人枠もさすがに無いか。

料金が8,000円アップ

2019年の大会はフルマラソンの参加料金は15,000円だったので、今年は+8,000円と国内で一番と言われている高い大会が、更に高額になりました。と書いたのですが、名古屋ウィメンズマラソンのほうが高いんですね。

更に当選後、支払手数料としてフルマラソンの場合は1,150円がかかります。コンビニ決済だと更に110円です。

支払方法決済手数料支払手数料
クレジット決済0円・フルマラソン1150円
・車いす 225円
・オンラインマラソン 250円
コンビニ入金他110円

※支払手数料は参加料の5%とのこと。
※出典:ランナー申込・参加エントリーの手数料

クレカ決済で、フルマラソンならトータル24,150円です。

エントリー期間

申込みはすべてローソンWEBからのオンライン申込みになります。

女性枠・地元枠・一般・車いす

4月7日(水)12:00~5月11日(火)17:00

女性ランナー優先枠・地元優先枠に申込み落選した場合、一般枠で再抽選の対象になります。

チャリティ枠

5月26日(水)12:00~6月24日(木)

オンラインマラソン

7月1日(木)12:00~7月30日(金)17:00

オンラインマラソンの実施は、10月31日~11月14日。好きなコースをスマホを持って走るようです。

ナンバーカードは事前送付に

エキスポやランナー受付はオンラインになるようです。ナンバーカードは事前送付です。受付オンラインってどんな感じなんでしょ?ナンバーカード事前送付なら、特にいらないような。

他にも、スタートとゴール付近の場所が変更になったり、更衣室もパシフィコの新しいノースの建物とハンマーヘッドも利用するようです。

詳細は、こちらのpdfのチラシで。

https://yokohamamarathon.jp/2021/wp-content/uploads/2021/04/2021_entry_pamflet.pdf

エントリーなどの詳細は、公式サイトで確認ください。

毎回参加していますが、迷うなぁ今回。
オンラインマラソンだと味気ないしなぁ。

追記 開催中止になりました

新型コロナウイルスの拡大にともない、7月30日に中止が発表されました。

  • 手数料を除いた全額返金
  • 参加賞Tシャツ・タオル
  • オンラインマラソンの出走権(有償)
  • 次回の横浜マラソンの出走権(有償)

と今回はこんな時期ですからちゃんと返金されるようです。早く終息してくれないかと願うばかりです。

コメント