ステンレススポーツボトル(稲植屋)を購入!500ml用ドリンクホルダーにはきつい

クロスカブにドリンクホルダーを付けていますが、ペットボトルを入れると結露した水滴が脚に飛んできます。

そこで結露しないステンレス製スポーツボトルを購入してみました。

稲植屋ステンレススポーツボトル500mlを購入

今回購入したのはこちら。

サーモスなどと同じように、保温保冷機能がついたステンレス製のボトルです。

早速ドリンクホルダーに入れてみました。

画像では普通に収まってるいるように見えますが、このドリンクホルダーは500mlのペットボトルがジャストサイズ。夏の暑い時期に販売されている、550mlや600mlのペットボトルも入りますが、きつめです。

このボトルも内容量は500mlですが、サイズは600mlのペットボトルくらいあるので、ぐいっと少し押し広げて差し込んでいます。なので、抜き差しするたびにボトルの表面にはキズが付きました・・・。
メジャーでボトルの外周を測ってみると、22cmあります。

使ってみての感想は、

  • 見た目が面白い
  • ちゃんと冷たい
  • 飲み口が小さいので、氷が入らない
  • 中が洗いづらい

といったところでしょうか。
飲み口は、薄めで小さめです。

サーモスの水筒と比較してみる

このボトルを購入する前に、サーモスの水筒も2つ持っていました。

一つは直飲みタイプのワンタッチで蓋が開くタイプ。
片手で操作できるので、便利。蓋を取り外せば、氷も入れられます
一般的に多く売れているタイプですね。

もう一つは、外した蓋で飲むタイプ。
寒い時期、温かいものを飲む時はこちらの水筒をよく使っています。
熱いお茶やコーヒーを飲む時って、中身が見えないとアチチチチってなりませんか?
一度蓋に入れてから飲むと、口をやけどする心配も減ります。

このシリーズの欠点は、ゴムの部品が多いことですね。
内蓋を外すと、飲み口の裏にもゴムの部品がついています。
洗う時にバラすのですが、ちょっと面倒です。

3つのボトルを並べて、大きさを比べてみると。

今回買ったボトルが一番大きですが、重さの違いはそれ程感じません。

一番使いやすいのはこれでした

このボトルを買った後に、奥さんが買った水筒がこれでした。

サーモスにも似たようなタイプがありますが、現状だとこれがベストじゃないかなぁ。
これまでの欠点を補ってベストな選択をしていると思わせてくれます。

その理由は、

  • 軽い
  • ゴムなどの部品が少ない
  • 飲み口も部品がないのになめらか
  • 開口部が広いので、氷も入り、洗いやすい
  • 中身が見えるので、熱い飲み物も飲みやすい
  • 幅広いカラーリング、サイズ展開

といったところですね。

散々、サーモスだのステンレスボトルだのと書いてきましたが、このタイガーの水筒を使ってみると一番いい感じなんですよね。
しばらくは今持っている水筒を使いますが、次回はこれを買おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA