完全防水ハンドルカバー OSS ネオプレーン ブラック WNHC-03をクロスカブに取り付けてみた

カブ

ここ横浜は今年はなかなか寒くならない印象ですが、流石に朝晩のバイクは寒さが応えます。

今回は手を暖かく保つハンドルカバーを取付けてみました。

スポンサーリンク

OSS ( 大阪繊維資材 ) ネオプレーン 防寒防水ハンドルカバー ブラック 保温性抜群 WNHC-03を購入

Amazonに色々とあったのですが、最終的にこちらを購入。


見た目はちょっと古めかしい感じもします。

Amazonで無くても、ホームセンターで売っている感じのフォルムです。

取付け方はこんな感じです。
ミラーを一旦外してハンドルカバーを挟み込んで固定するか、もしくは紐で落ちないように固定します。

袋から出してみます。

手を入れる部分はゴムで調節できます。

ハンドルとブレーキレバーを通す穴はこんな感じで切りっぱなしです。

早速取付けてみました。

ミラーに挟み込んで固定せず、結束バンドでふんわり固定

ハンドル右のブレーキがある方をミラーに挟み込んで取付けてみたところ、ブレーキレバーのエンド部分がハンドルカバーに干渉し、レバーを握るとブレーキレバーが完全に戻ってくれません。

ブレーキレバーを握り、離してもブレーキランプが付いたままの状態です。
いちいち手で戻すのもなんなので、ミラーへの挟み込みはやめて、ミラーに紐で結びました。

ただそれだけだとなんだか不安なので、結束バンドでふんわりと固定。

ハサミがあれば、すぐに取られそうですが・・・。

冬は絶対着けたほうがいいアイテム

早速走ってみました。
この日の横浜の気温は、日中最高で15℃くらい。

このくらいの気温でハンドルカバーがあれば、素手でもまったく寒くありません。
風を完全にシャットアウトしてくれるので、手の冷たさはまったく感じませんでした。陽があたると手がちょっと汗ばむくらいです。

しばらく屋外に停めたあと、夕暮れ時にバイクに乗り込むと、ハンドルやブレーキレバーが冷えていましたので、薄手のグローブをして運転しました。しかし運転中はやっぱり快適。手の寒さを感じません。

ウィンカーなどの操作はハンドルカバー越しに行うので多少の慣れは必要ですが、そんなに影響は感じないです。

見た目はおっさんぽくなりますが、そのかわり手は快適。
冬は必須。おすすめです。

コメント