多サイズ兼用・自立・引掛けができるフライパンのフタを購入

グッズ
この記事は約2分で読めます。

今年になりフライパンを買い替えたのですが、家にこれまであるフライパンのフタのサイズが合わない。ちなみに今回購入したフライパンはこちらの2つ。



テフロン加工のフライパンは消耗品だと思っているので、安めのフライパンを毎年買い替えてます。もちろん鉄のフライパンとか銅とかこだわりがある方にはいいと思うのですが、一番便利なのはやっぱりテフロン。いくら高いテフロンのフライパンを買ったところで、耐久性は安いものと大差ないと思います。ちなみにこのフライパンは特殊ふっ素樹脂加工と書かれていますが、ふっ素樹脂加工もテフロンもほぼほぼ同じみたいだと、さっき検索して知りました。

今回は小さめで深いのと、大きめで炒めやすいフライパンを購入。これに合うフタをやっぱりAmazonで探しました。

スポンサーリンク

フライパンのフタに求めるもの

フライパンのフタに求めるのは、以下の3つ。

  • 多サイズのフライパンをカバー
  • 中が見える
  • 自立する

まぁこんなところでしょう。ウチのキッチンは狭いので、やっぱり自立するフタは置き場に困らないので便利。自立の仕方も色々とありますが、今回Amazonで選んだのはこちらのフタ。


結局、和平フレイズという会社のものを多く買っている気がします。フライパン関係は安くて結構品質もいい感じですからね。

和平フレイズフライパンカバーRE-7371

届いたモノはこんな感じ。

3つのサイズのフライパンに兼用できて、中身も見えます。そして、自立と引掛けができます。
実際にフライパンにフタしてみました。
こちらは24cmのフライパン。

被せるとこんなこんな感じ。すっぽり隠れるのですが、フタの端が把手にのってしまい隙間が空いてしまいます。ぴったりとはいきませんね。

28cmのフライパンにはぴったりです。

やっぱり画像は非常に分かりづらいですが・・・。
自立も、片手で簡単にできます。

そしてスタンド部分を引っ掛けられるので収納にも困らない。

ちょっと大は小を兼ねていないところもありますが、ぴったりがいい方はそれぞれの大きさ専用を買ったほうがいいでしょう。

コメント