2019【自動車税】の支払いで一番お得になる方法はどれなのか?(神奈川県で)

クレジットカード
この記事は約4分で読めます。

5月になると毎年のことですが自動車税の納付書がやってきます。

ウチに来た納税通知書の金額は39,500円
結構大きい金額ですし、毎年のことなので少しはお得になる方法はないのか?
しかも今年は昨年買ったクロスカブの軽自動車税2,400円も掛かるので、ちょっとでも得したい。

そう思って色々と調べてみました。

神奈川県の場合、自動車税の納付方法は4つあります。

  1. コンビニ・金融機関等
  2. Pay-easy
  3. クレジットカード
  4. LINE Pay
スポンサーリンク

コンビニでnanacoで納付は既に得ではないのか

一番一般的な支払い方法は、納付書でコンビニ払いでしょう。

ネットでよく見かけるnanacoにクレジットカードからチャージしてセブンイレブンで自動車税を支払えば、そのクレジットカードに還元されるポイント分お得。という方法が数年間流行っていましたが、今ではnancoチャージなどではポイントが付かなくなったクレカも多いです。

nanacoチャージでポイント還元されるカードでも、上限金額が決められていたりと、還元率が低くなってますね。

現時点でわたしの手元にある、楽天カードとアプラスカードはnanacoチャージでポイントは還元されません・・。
これからクレカを作るのも面倒です。

車検が近々の場合は、証明書・領収証書の提示が必要なのでコンビニ一択ですが、今年は車検は無いので今回はパス。

Pay-easyは手数料がかからないがただそれだけ

Pay-easyならネットバンキングで支払いできます。

もしくは対応している金融機関のATMでも払えますが、面倒な長い番号入力が必要なので、それならコンビニで支払っても同じでしょう。

ネットバンキングで支払えば、銀行の取引履歴に残るということくらいでしょうか、メリットは。

楽天カードで支払えば 手数料を越えるポイント+当たれば500ポイント

クレジットカード払いの場合、Yahoo!公金払いのサイトからVISA、MasterCard、JCBなどのクレジットカードで支払えます。
楽天カードで支払えるので、支払い100円毎に1ポイントが還元されます。

100円につき1ポイント

しかし、クレジットカード払いは324円の決済手数料がかかります。

わたしの場合、自動車税が39,500円なので、楽天カードで支払った場合、楽天スーパーポイントが395ポイント。
手数料の324円を引くと、71円分はお得という感じですね。

今なら楽天カードはキャンペーンで、自動車税を楽天カードで支払うと抽選で2人に1人500ポイントプレゼントキャンペーンを実施中です。

エントリーが必要です

運頼みではありますが、これが一番お得になる方法かもしれません。

楽天カード

LINE Payは手数料はかからないがポイント無し、マイカラー関係なし

神奈川県はLINE Payでもでも自動車税の支払いに対応しています。
LINEアプリからウォレット→請求書払いと進み、バーコードを読み取ればOK。手数料もかかりません。

ですが、税金の納付に関してはLINE Payはポイントの対象にはなりません

税金はポイント付与対象外です

加えてマイカラー判定にも関係しないので、なんの還元もないのです。

LINE Payを広めたいというLINEの思惑だけで、特にメリットはありません。
コンビニに行かずに、スマホで支払えるのは多少楽かもしれませんが、それだけです。

今回は楽天カードで支払いました

わたしの場合は楽天カードで支払えば、運が良ければ571円のポイント還元なので、今回は楽天カードで支払ってみようかなと。抽選に外れても71円分のポイントが得になります。

 

※追記
楽天ポイントをチェックしていたら、自動車税の支払いで500ポイント当たっていました。
期間限定ポイントです。

楽天ポイントのスクショ

コメント