三島スカイウォーク 日本一長い大吊橋に行ってみました

三島スカイウォーク

箱根の温泉宿に泊まった翌日、宿に三島スカイウォークのパンフレットがあったので行ってみました。

晴れていれば富士山もきれいに見える、なかなか気持ちの良い場所です。

スポンサーリンク

三島スカイウォークへのアクセス

前日から箱根に車で行っていました。箱根の芦ノ湖の「箱根関所」あたりから10km程度と割と近いです。道も国道1号線を三島方面に行くだけなので、分かりやすい場所にあります。

週末の駐車場は左折入場、左折退場のみ

週末の土曜13時過ぎくらいに行ったのですが、結構周辺の道路は混んでいました。
400台駐められる駐車場にはまだ余裕がありましたが、箱根方面からは一般車の右折での入場を規制しており、右折では入れません。

通り過ぎた先に、従業員駐車場らしきものがあったので、そこでUターンをして入りました。今書いていて気が付きましたが、わざわざUターンしなくても第2駐車場が反対車線側にもあるようです。

駐車場から出る際も、一般車両は左折でしか出してくれませんでしたので、三島方面へ行く場合は先の山中城跡あたりでUターンすることになりますね。

三島駅からバス

徒歩の場合は、三島駅からバスが出ています。
週末でも1時間に2本くらいと少なめ。

三島スカイウォークへ出かけませんか
東海バスが伊豆の旬の情報を紹介しています。東海バス時刻表や定期観光情報の他、花・イベント・ウォーキング・ハイキング・温泉・立ち寄り湯など、伊豆への旅行が楽しくなる情報でいっぱいです。

三島周辺を散策するなら、フリーパスの「みしまるきっぷ」がお得です。

http://www.tokaibus.jp/file.jsp?id=10542

三島スカイウォークの料金

三島スカイウォーク

中央左寄りに富士山が見えます。

入場料金は

  • 大人1,100円
  • 中高生500円
  • 小学生200円

吊橋方面に向かうと、チケット売り場があります。
他にもソフトクリームや何かがセットになったお得なセットみたいなものもありましたが、よく見ませんでした。

吊橋は結構ゆれるので吊橋効果も期待できるか

大吊橋

吊橋は、歩くと結構ゆらゆらと揺れます。足元も側溝などによくあるフタのような形状なので、下がよく見えるようになっています。
高所恐怖症の方にはちょっとつらいかもしれませんが、思いを寄せている人と一緒に渡れば、ドキドキを恋愛感情と勘違いする「吊橋効果」が期待できるかもしれません。

橋を渡ると、アトラクションやお土産売り場があります。

アクテビティが豊富

kikoroの森

橋の向こう側には、アクテビティがたくさんあります。
「ふろっく」という、フクロウとハリネズミ、ミーアキャットなどに触れ合える施設や、ゴーゴーバギー、セグウェイ、ロングジップスライド、アドベンチャーコースなど、いろいろなアトラクションが楽しめます。※いずれも有料です

なかでも、長いワイヤーロープを滑って降りる、ロングジップスライドはやりたくなりますね。

当日の参加人数は制限があるので、事前にホームページから予約して行ったほうが確実です。

わたしたちは特に何もせず、ぶらりとしてもどりましたが。

スカイガーデンは無料の土産売り場

スカイガーデン入り口

このゲート状のバラは造花です。

駐車場のとなりの一段上がったところに、スカイガーデンという天井から花を吊った施設があります。

エスカレーターで上がると、周囲をぐるりとお土産物や軽食がならんだ施設になっており、天井から花がたくさん吊り下げられています。一瞬物凄い広く感じるのですが、天井に近い壁が鏡張りになっていて奥行きがあるように錯覚したみたみたいです。それほど大きくもないです。

スカイガーデン天井

花の下にはテーブルや椅子があるので、花の香りの下で休憩できます。

総工費2億円のトイレがキレイ

駐車場にあるトイレは、かなり大きく広く作られており、ポスターには総工費2億円と書かれています。女性トイレには大きな椅子などもあるので、立ち寄った際はトイレには必ず行ったほうがいいですよ。

 

天気のいい日はとにかく見晴らしが最高にいいので、箱根や三島観光の際は一度は訪れてみてはいかがでしょう。

コメント