ドキュメンタリー『ラスト・クルーズ』DP号の船内はあの時どうなっていたのか

映画
この記事は約3分で読めます。

2020年1月。
新型コロナウィルスという得体のしれないウィルスの噂が国内でまだそれほど騒がれていない頃。横浜港から出港したダイヤモンド・プリンセス号での新型コロナウィルス感染のニュースは、まだ記憶に新しい。

当時世界57カ国から船員1,068人、 乗客2,645人の計3,713人が搭乗していたダイヤモンド・プリンセス号は、その後4月15日までに712名の感染、14人の死亡が確認されました。その他にも、検疫官や船会社の医師ら外部から入った9人も感染しました。

このダイヤモンド・プリンセス号での事件を、乗客と船員のカメラ映像を通して画かれたドキュメンタリー作品「ラスト・クルーズ」を見ました。

スポンサーリンク

ダイヤモンド・プリンセス号で新型コロナが確認されるまで

船内で感染が確認されるまでを、時系列でまとめると。

DP号で感染が確認されるまでのタイムライン
  • 2020年1月14日
  • 2020年1月20日
    DP号横浜港を出港

    ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港から香港へ向け出港。

  • 2020年1月25日
    香港

    1月19日から咳を発症していた、80代男性が香港で下船。

  • 2020年2月1日
    那覇寄港

    一部の船員乗客に検疫。

  • 2020年2月1日
    DP号乗客の感染確認

    香港で下船した男性が新型コロナウィルスに感染していたことが確認される。

  • 2020日2月3日
    横浜港・検疫官が乗船

    この日の夜に寄港したDP号に、検疫官が乗船。
    発熱または呼吸器症状を呈していた人、およびその同室者に検査を実施。

  • 2020年2月4日
    10人の感染確認

    一部の検査結果が判明。31人中10人が陽性であることが判明。

ここから、長い期間船員乗客はクルーズ船内に拘束されることになる。

この船内の様子を撮影した映像を編集したのがこの作品。毎日のようにパーティが行われ楽しんでいた乗客たちの笑顔が一変。各部屋から出れなくなり、日に日に不安になっていく乗客やスタッフたちの様子が綴られます。

予告編はこちら。

U-NEXTで独占見放題配信中

U-NEXTでは、HBOの作品を独占で見放題配信しています。
まだU-NEXTを利用したことがないかたなら、初回は31日間無料で視聴できるので、「ラスト・クルーズ」無料で見ることもできます。

U-NEXTの31日間無料体験はこちら

ニュースやワイドショーでは、船外からの映像しか見ていませんでしたが、生々しい船内のようすは必見です。

※2021年5月13日時点での情報です。最新の配信情報はU-NEXT のサイトで確認ください。

コメント