クロスカブ110がモデルチェンジし2022年4月14日発売

クロスカブ110 カブ
この記事は約2分で読めます。

わたしが乗っている黄色いクロスカブ(2018)が無くなる日が来てしまいました。
2022年4月14日に新たなクロスカブ110が発売になります。大きく変わったのは以下の点。

ここがポイント
  • 最新排ガス規制に対応した新エンジン
  • 前輪ディスクブレーキが標準装備
  • フロントのみに作用するABS搭載
  • 前後輪共にキャストホイールとチューブレスタイヤ採用
  • メーター内にギアポジションや時計を表示できる

これはクロスカブ110だけでなく、スーパーカブ110にも採用されています。なんとかなりいい感じに変更されてますね。

スポンサーリンク

カラーリングはポップさはなくなり落ち着いた感じ

カラーは新色が登場。これまで赤とか黄色とか、ポップな色を入れていましたが、最近は渋く落ち着いた感じの色になってますね。これまでもカモフラージュグリーンが一番人気のようでしたから、そっちの色の傾向になったのしょうか。黄色はスーパーカブだけになったのか。

マットアーマードグリーンメタリック
パールディープマッドグレー

限定生産販売されていたプコブルーが定番色に入りました。この色欲しいかも。

プコブルー
くまモンバージョン、グラファイトブラック

ギアポジション、時計、平均燃費、トリップメーターまで表示可能

110に搭載になった液晶パネル。
ギアポジションと燃料計が常時表示。時計、TRIP、走行距離、平均燃費を切り替えで表示できるようになってます。これまでよりかなり便利になってます。

出典:ホンダクロスカブ

すぐに買い替えようとは思いませんが、ちょっと欲しくはなりますね。

スポンサーリンク
カブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギリズム

コメント