野毛『千花庵』日本酒と蕎麦をサクッといただく

せいろ グルメ
この記事は約3分で読めます。

1月後半の野毛は正月気分もすっかり抜け、給料日後だからなのか、かなりの賑わいをみせていました。

1件目のイタリアンを出て、行きつけのお店に行くも満席。

いつも前を通るこの店を覗くと、席が空いているようなので初潜入してみました。

スポンサーリンク

鎌倉・関内・野毛にある千花庵

千花庵は、鎌倉と関内と野毛にあります。
読み方は「ちはなあん」と濁らずに読みますね。

ホームページを見ると、鎌倉と関内のお店しか出ていないのですが、おそらく更新されていないだけなのでしょう。

Facebookページは各店舗ありますね。

関内はランチタイムに2度ほど行ったことがありますが、野毛は初めて。

野毛店は桜木町方面からだと、ブリズベイホテルの裏手になります。
近頃、チンチンラーメンでおなじみの三陽に周囲の店が侵食されて、三陽通りみたいになりつつあるところを過ぎて、細い路地を右に入るとすぐです。

しかし、なんで三陽はあんなに急激に拡大してるんだろ・・・。
居抜きで看板手書きだし。

と思ったら、2019年8月に火事をだしていたようす。

これが原因なの?かと思いましたが、そんなこともないのでしょうか?よくわかりません。

話が全く関係ないところに行ってしまいましたので、軌道修正。
お店に入りましょう。

各地の日本酒と各地のそば粉を使ったそば

お店は、入り口から奥に長いカウンターと、6人ぐらい座れるテーブルが奥に1つ。

カウンターの上を見上げると、本日の日本酒が並びます。

今夜はこちらの日本酒をチョイス。
佐久の花。

お通しは、揚げたての熱々のさつま揚げ。
2品ほどつまんで、せいろをいただいきました。

せいろは、秋田のそば粉を使ったそばとのこと。

せいろ

そばの味を楽しめるよう、すだちと塩が添えてあります。
まずはつゆをつけずに、いただく。

つゆはかなり少なめで提供されるので、びしゃびしゃつけずにいただきました。

そば湯は濃いめでドロっとした感じ。このそば湯がまた美味かったです。

そば湯

行きつけのお店から、席が空いたとの連絡があったので、サクッと店を出ました。

このお店は、1件目で飲るのもいいですが、2件目3件目で〆でサクッとそばをいただくのもいい感じでした。

コメント