中年男性がディップススタンドを購入した結果

ジム
この記事は約3分で読めます。

おっさんになると、代謝が悪くなるのか、何もしないと体重がどんどん増えていく。最近はYouTubeに影響を受けて、バックランジを週6くらい、腕立て伏せを週3でやっているのだが、もっとかっこいい体になりたくなってきてしまった。(今、全然いい体ではないですが・・・)
最初は場所を取らない、ドア枠に設置できる懸垂バーを購入しようと思ったのですが、ドア枠の奥行きに余裕がないと設置できないことがわかり断念。そこで以前から興味があったディップススタンドを購入してみました。

スポンサーリンク

STEADYディップススタンドを購入

これもやはりYouTubeで見かけた商品。STEADYのディップススタンド。価格も比較的安く、今回は楽天で購入。購入時の価格は6,870円でした。


Amazonでも販売していますが、ちょっとその時は楽天のほうが安かったです。
佐川急便で到着。ダンボールがちょっと重い。

箱を開けると、部材はすべてビニールで保護してあり、丁寧に梱包されておりました。

取説を見ながら組み立て。と言っても差し込んでネジで締めるだけと、特に難しいこともなく簡単に組み上がります。

上下をつなぐ中間バー上部の固定は、蝶ネジか六角レンチで締めるボタンヘッドネジを選べる。特に解体しないのであれば、ボタンヘッドネジのほうがぐらつきがなく固定できます。今回は蝶ネジで固定。

バーと脚をつなぐのは、手回しで回すだけと簡単。

これなら使わない時は、脚を外して収納できるので、隙間などに置いておける。

ディップススタンドの使い方はYouTubeで

使い方はYouTubeで「steady ディップススタンド」と検索すると一番目に公式サイトのトレーニング動画が出てきます。ここで基本的な使い方はマスターできます。

他にもディップスタンドやディップスバーと検索すると、色々なトレーニーの方々が使い方を伝授してくれます。両方のメインチューブを繋いで、鉄棒のように高くし、懸垂に使ったりもできますね。ハードな方はプランシェの練習に使ってます。

ディップススタンドはどこに効くのか

ディップスの動き自体は、上腕三頭筋や大胸筋下部に効く。ですがディップススタンド自体は、上記の動画でもわかるように全身様々な部位に効かせることができる。
わたしは始めたばかりで、ディップスが全然深くできない。もう毎日グイグイやるしかないと思っているところ。モチベーションを高める為に、Twitterに動画をあげてみた。

バックランジをやったあと、ディップススタンドで筋トレだ。
まだまだ結果が出ていないので、しばらく続けてから報告するかも。


おすすめです。

コメント