2020年【パ・リーグ】プロ野球中継をネットで安く観る方法

動画配信サービス
この記事は約4分で読めます。

地上波でプロ野球があまり放送されなくなってしまいましたが、プロ野球はテレビでなくてもネットで見れます。

ネットでの中継は有料配信になるのでコマーシャルも入らず、試合開始からヒーローインタビューまできっちりと見ることができます。

今回はパ・リーグのネット中継を安く観る方法を紹介します。

スポンサーリンク

パ・リーグLIVE スマホ・タブレットから気軽に観れる

パ・リーグLIVE
ソフトバンクが配信しているパ・リーグLIVEはスマホ・タブレットからから視聴可能。
視聴できる試合は、

  • パ・リーグ公式戦全戦
  • パ・リーグ主催の交流戦
  • パ・リーグクライマックスシリーズ
  • 西武ライオンズ主催のファーム戦

パ・リーグLIVEは、Yahoo!プレミアム(月額462円税抜)の特典のひとつ。
ソフトバンクユーザーなら、「スマートログイン」すれば、Yahoo!プレミアムを追加料金なしで利用できます。

Yahoo!プレミアムの特典は、パ・リーグLIVEの他にもあります。

  • 雑費110誌以上、マンガ13,000冊以上が読み放題
  • バスケットLIVEでB.LEAGUE全試合見放題
  • Yahoo!かんたんバックアップの容量が無制限で使える
  • Yahoo!ショッピングなどでお得に買物ができる

パ・リーグの試合だけでなく、色々と特典を利用したい方は、Yahoo!プレミアム会員へ。

パ・リーグLIVEの公式サイトへ

最安Rakuten パ・リーグ Special

 

Rakuten の動画配信サービス、Rakuten TV。
RakutenはNBAの試合中継を行うなど、スポーツの配信にも力を注いでいます。

プロ野球中継に関しては、以前は東北楽天イーグルスの試合を無料で配信していましたが、現在はRakuten パ・リーグ Specialとしてパ・リーグの試合を全て中継しています。

ライブ中継だけでなく、見逃し(録画再生)や、気軽に観れるダイジェスト、ヒーローインタビューも網羅。ライブ中継でも、巻き戻して好きな場面から視聴できます。

スマホアプリに試合をダウンロードして見ることもできるので、見逃した試合を移動中などに視聴することも可能です。

料金は月額702円(税込み)、または年額5,602円(税込み)。

パ・リーグ主催試合のすべてが見放題【Rakuten パ・リーグ Special】

パ・リーグTVはアーカイブやデータ量が豊富

パ・リーグTVはパ・リーグの全試合中継だけでなく、2012年からの試合結果やマルチアングルでの配信など、データ量や配信方法では群を抜いています。
また1軍の試合だけでなく、ファームの試合も配信しているので、若手選手の活躍も視聴可能。

料金は見放題が月額1,450円(税抜)
パ・リーグ各球団の有料ファンクラブに入っている場合は、月額950円(税抜)になります。

パ・リーグTVの公式サイトへ

DAZNは野球だけでなく、様々なスポーツに興味がある方へ

DAZNは広島を除く11球団の主要主催試合が見放題。
プロ野球だけでなく、MLBの試合も配信しているので海外での日本人選手の活躍を観ることもできます。

野球の他にも、国内外130以上のスポーツを配信しているので、スポーツ好きな方にはおすすめです。

料金は、docomoユーザーの方は月額980円
それ以外のかたは、月額1,750円ですが、これだけのスポーツが観戦できるのはBS/CS放送などに比べて安いです。

DAZN初回31日間無料登録へ

スカパー!プロ野球セットなら全球団視聴可能


パ・リーグだけじゃなく、プロ野球全球団の公式戦が視聴ができます
スカパー!放送サービスに登録すれば、テレビだけでなく、スカパー!オンデマンドでパソコン、スマホ、タブレットでの視聴も可能です。

料金は月額3,685円(税抜)になります。

充実のハイビジョンチャンネル!スカパー!簡単申込

まとめ

パ・リーグの中継をネットで配信している3つのサービスを紹介しました。

  • 安く試合中継を楽しみたいなら、パ・リーグLIVE、Rakuten パ・リーグ Special
  • 試合データや、マルチアングル中継なら、パ・リーグTV
  • 野球以外のスポーツもガンガン見たい方には、DAZN
  • プロ野球全球団の試合を見たいなら、スカパー!プロ野球セット

今シーズンも楽しみましょう。

コメント