鎌倉でシロナガスクジラが打ち上がる、その後どうなった?

2018年8月5日の午後2時半頃、鎌倉の由比ヶ浜近くの「坂ノ下海岸」でクジラが打ち上げられました。


クジラはシロナガスクジラの子供でオスと判明

体長は10m52cm。
打ち上げられた時には既に死んでいました。

発見された翌日には、このクジラがシロナガスクジラの子供でオスであることが判明。
何らかの原因で、親とはぐれてしまった可能性があるということです。
国内でシロナガスクジラが漂着(ストランディング)した例は記録がなく初めてのことだそうです。

クジラは現場で解体

クジラは現場で解体されました。

解体されたシロナガスクジラは静岡県内の業者に運び、国立科学博物館、筑波大学、北海道大学、長崎大学、ソウル大学の調査チームが研究用サンプリングを実施。

胃の内容物やDNAを調べ、骨は骨格標本にする方針のようです。

発見当日わたしは隣の逗子海岸でSUPしてました・・・。

その後は科博・筑波地区で追加調査

シロナガスクジラは8月8日に国立科学博物館・筑波地区で追加調査が実施。
今後は採取した標本から、DNA、環境汚染物質、胃内容物、寄生虫などの解析が行われるようです。

骨格は国立科学博物館が標本として保管するようですが、非常に若い個体のため骨の大部分がまだ軟骨だったようです。そのため、どこまで骨格標本として残せるのかは現時点では断定できていないようですが、可能な限り標本として保管し、国立科学博物館で展示するかもしれません。

詳しくは、国立科学博物館のサイトに調査概要が載っています。

参考 2018年8月5日 鎌倉市由比ガ浜海岸にストランディングしたシロナガスクジラ 調査概要国立科学博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA