タイルカーペットの滑り止めはこれで解決しましたニトムズ吸着カーペットテープを購入

並べ終わったところ DIY
この記事は約2分で読めます。

フローリングにニトリで購入したタイルカーペットを置敷きしています。
部屋中にキッチリ敷き詰めれば、置敷きでも動くことはないでしょう。ですが、一部にだけ置敷きしているので、きっちり整えてもすぐにずれてしまいます。

このズレを直すのが、地味に面倒でイライラするのです。

吸着剤が付いているタイルカーペットもありますが、付加機能が付くごとに単価が高くなるし、商品レビューを見ると吸着剤付きでもずれることがあるようなので、普通のを買ったのですが、やはりズレは無いほうがいい。

そんな中、ニトムズ吸着カーペットテープを購入。
これ一発で、ズレ知らずになり、気持ちよく解決しました。

スポンサーリンク

ニトムズ吸着カーペットテープを購入

Amazonで購入したのはこちら。
ニトムズ吸着カーペットテープ40mmサイズ。

ニトムズカーペット吸着テープ

created by Rinker
ニトムズ(Nitoms)
¥947 (2020/09/20 10:36:07時点 Amazon調べ-詳細)

他にも30mm幅のサイズもありますが、太いほうがいいだろうとこちらにしました。
が、商品の袋には、2〜3畳サイズには30mmをおすすめされていたので、そちらでも良かったのでしょう。

created by Rinker
ニトムズ(Nitoms)
¥542 (2020/09/20 10:36:08時点 Amazon調べ-詳細)

吸着カーペットテープの使用方法・手順

この吸着カーペットテープは、普通の両面テープのような作り。

テープ本体

説明書を見ると、このテープを床に貼り、はくり紙を剥がしてカーペットを置くという使いかたです。

カーペットテープ使い方

ウチの場合、50cm角のタイルカーペットを16枚、四角く並べています。
なので、その外周をぐるりと回すようにテープを貼って固定していきます。

まずはタイルカーペットをきっちり並べて、位置を決めます。カーペットの四隅には、付箋で印を付けました。

カーペット隅の付箋

印を付けたら、外周のカーペットをずらしてテープを貼ります。
テープを貼る前に、床のゴミやホコリを掃除しました。

床にテープを貼ったところ

ぐるりとテープを張り込みました。

テープを貼り終わったところ

はくり紙を剥がし、印に合わせてタイルカーペットを並べていきます。
端からきっちり並べました。

はくり紙剥がし中

枚数も少ないので、簡単に完了しました。

並べ終わったところ

完成

これで今のところ全くずれる気配がありません。
結構ビタット固定されています。

フローリングにカーペットを敷く際の滑り止めに

もちろんタイルカーペットだけでなく、1枚もののカーペットや”いぐさ”などをフローリングに敷く際にも使えます。

タイルカーペット敷く際には、はじめからこれ使うべきでした。
数百円で快適になります。

コメント