WordPressのサーバー移設にAll-in-One WP Migrationを利用する際はファイルサイズに注意

スクショ WordPress
この記事は約5分で読めます。

二つ契約しているレンタルサーバーをひとつにまとめようと、サイトを徐々に移設しています。
こういったことにそれほど詳しいわけではないので、レンタルサーバーのヘルプに従って、ひとつずつ行っているのですが、うまくいかないことも出てきます。

利用しているレンタルサーバーで、WordPressを移設する際に推奨されているプラグインは、DuplicaterAll-in-One WP Migrationという二つ。

Duplicaterは以前に1度利用したことがあるので今回も使ってみたのですが、エクスポートするデータ量に上限があるのかなんなのか、エクスポートしている最中に勝手に中断されてしまうのです。

何度やっても途中で止まるので、今回はもう一つのプラグインAll-in-One WP Migrationというプラグインを使ってみました。

こちらのプラグインは日本語化されていてとても使いやすいのですが、ひとつ落とし穴がありました

スポンサーリンク

無料版はファイルサイズは512Mまでインポート可ですが・・

このプラグイン、サイトのデータ容量が512Mまでインポートできます。
とレンタルサーバーのヘルプにも書いてあったのですが、エクスポートは512M以上できるのです。

何も気にせず旧サーバーからWordPressのエクスポート作業を行ない、ドメインを新サーバーへとネームサーバー設定変更。いざ新サーバーにWordPressのデータをインポートしようとするのですが、データが大きくてインポートできませんという表示がでます。

よく見れば、「最大アップロードファイルサイズ:2M」と書いてあります。

スクリーンショット

何故に2MB・・・

あれ、512Mじゃないの?と思うと、最大アップロードファイルサイズを上げる方法というリンクと無制限版の購入リンクがあります。
最大アップロードファイルサイズを上げる方法を見ると、4通りの方法が英語で書いてありますが、それほど細かい設定などの部分に詳しくないわたしは、4を選択することになります。

というか4は、無制限版の購入にリンクしています。
購入といっても、Basicの方は無料

all-in-one WP Migration Import スクリーンショット

Basicを入れれば512までOK

こちらのAll-in-One WP Migration Import をダウンロードして、WordPressのプラグインにアップロード。
プラグインを有効化すれば、512Mまでのファイルサイズがアップロードできます。

スクリーンショット

実質インポートには2つのプラグインが必要です

さてこれでOKと思い、先程エクスポートしたファイルをインポートしようとしますが、これができないのです。
そう、エクスポートしたファイルサイズが512Mを超えていました

ファイルが大きい場合はメディアライブラリをエクスポートしない

69ドル支払いPremiumを購入すれば、ファイルサイズに関係なくインポートできます。
ですが、サイトひとつだけを移転するのに69ドルはなぁ・・・と、どうしても貧乏くさいわたしは思ってしまうのです。
プラグイン開発者の方には感謝しか無いのですが、ここはひと手間加えて別の方法でやることにしました。

 

再度旧サーバーにネームサーバーを設定し直し、All-in-One WP Migrationを使って再度エクスポートを行ないます。
その際、高度なオプションからメディアライブラリをエクスポートしないにチェック

スクリーンショット

画像データが一番大きいので

一番データが大きい画像をエクスポートしないと、512MB以内で余裕で収まります。

再度、新サーバーにドメインのネームサーバーを設定し直し、プラグインをインストール。
エクスポートしたファイルをインポートをして、やっと移転できました。
画像以外の部分は。

画像はFTPソフト【FileZilla】でサーバーへアップロード

画像(メディアファイル)は、FTPソフトのFileZillaを使って移動させます。

旧サーバー側にまずは接続して、画像のファイルをPCに一度ダウンロードします。
画像はサイトがインストールされているフォルダの下、「/wp-content/uploads」内に2019など年別のフォルダに入っています。

filezillaスクショ

こんな感じのフォルダに画像が入っています

サーバー側からPCへドラッグ・アンド・ドロップでダウンロード。

ダウンロードが完了したら、新しいサーバーのサイトがインストールされていているフォルダの同じ場所にインポート。
これで全ての移設が完了しました。ふー。

細かいやり方はレンタルサーバーのヘルプで確認できます

今回のサイトのサーバー移設は、このサイトでも利用しているレンタルサーバーmixhost のヘルプを参考にして移設しました。

ドメインのネームサーバーを変更すると、すぐには反映されなかったり、httpsがすぐに認証されずChromeでは安全ではないと警告が出たりと、時間が結構掛ります。ネームサーバー変更した翌日には、そのへんの問題が解決していましたので、2日くらいかけてやるのがいいかもしれません。

こういうのって一度やっても、しばらくすると忘れてしまうので、次回は自分で書いたこの記事を参考にすることになりそうです。

コメント