スマホで撮影した写真やセルフィーで稼げるアプリ4選

How to
この記事は約5分で読めます。

毎週録画して観ている番組「それって!?実際どうなの課」で、肖像権を事務所から放棄された自称女優の緑川静香さんが、スマホで撮った写真を使って2週間でいくら稼げるか?というのを検証していました。

使われていたスマホアプリはこの2つ。

  • poplle(ポップル)
  • KITEKU(キテク)

結果、この2つのアプリで2週間で合計3,960円稼いでいました。
内訳は、poplle 2,291円、KITEKU 1,669円。

実際どんなアプリなのか。
他にもスマホの写真で稼げるアプリはあるのか、探してみました。

スポンサーリンク

poplle(ポップル)

番組内で利用していた1つ目のアプリがこちら。
写真を投稿し、Instagramのように写真に “いいね” されると、1いいねで1円稼げるアプリ。投稿できる写真は1日5枚まで。(オプション利用で15回まで可能)

さらに自分が他人に “いいね” しても、1いいね1円稼げます。1日に自分がいいねできる回数は30回までなので、投稿しなくても “いいね” をすれば最低でも30円/日は稼げると番組内では紹介されていました。

こちらの写真を投稿していましたね。

この投稿をInstagramで見る

緑川静香🐱Shizuka Midorikawa(@midorikawa_shizuka)がシェアした投稿

財源は広告からのようです。
アプリはこちら。

Poplle(ポップル)

Poplle(ポップル)

requpo inc.無料posted withアプリーチ

ただ、最近のアプリの評価がすこぶる良くないのが気になります。
サイトでも、利用のしかた等の詳細がないので、実際に登録してみないと、いくらから支払いしてくれるのか等は、わかりませんでした。

KITEKU(キテク)

番組で使っていた2つ目のサイトがこちら。

無料で洋服屋さんの店内にある服を着て撮影。自分自身のInstagramに投稿し、”いいね” がつくと、1いいねが1円になるというサービス。(※いいね報酬には上限あり)

さらに自分の投稿から閲覧者がその服を購入すると、販売価格の10%が報酬としてバックされます。(最初の投稿から9ヶ月間が10%。その後は3%になります。)

番組で緑川静香さんが撮影したのはこちら。

『EGOIST』の服

この投稿をInstagramで見る

緑川静香🐱Shizuka Midorikawa(@midorikawa_shizuka)がシェアした投稿

『RETRO GIRL』の服

この投稿をInstagramで見る

緑川静香🐱Shizuka Midorikawa(@midorikawa_shizuka)がシェアした投稿

実際に服を借りれる店舗は、登録しないと見れません。

番組内では、3ブランド9着撮影し、2週間で3着売れていました。
おしゃれに興味のあるかた、やってみたい方は、公式サイトから登録を。

Selpy

こちらはネット検索で出てきたアプリです。

企業からのリクエストや”お題”に応じて、写真を投稿。写真が採用されるとお金がもらえるという仕組みです。またはSNSでのフォロワー数により、企業から直接依頼が来る場合もあるとか。

1,220円以上で振込申請ができます。(振込手数料220円)

ですが現時点(2020年3月16日)で、アプリはダウンロード出来なくなっています。

Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある

Selpy(セルピー) – あなたの日常には価値がある

Selpy, Inc.無料posted withアプリーチ

snapmart

スマホで撮影した写真を投稿し、購入されれば販売価格の30%〜最大60%がもらえるとされています。Sサイズの写真の単品購入で330円なので、1枚100円〜180円くらいでしょうかね。

アプリはこちら。

スナップマート(Snapmart)-フリマ感覚で写真が売れる

スナップマート(Snapmart)-フリマ感覚で写真が売れる

Snapmart Inc.無料posted withアプリーチ

ただし、現時点での投稿アプリの評価がiOS・アンドロイド共に良くないのが気がかりです。

どのアプリも足が早そう・・

こういうアプリやアイデアは、流行り廃りが早く、あっという間に無くなったり、金目当ての輩が画像を転載して荒れたりすると、サービス内容や報酬が変更になったりするので、いち早く取り組んだ人が有利な気がしますね。

実際にやっていないですが、アプリの評価だけみるとそんな印象をもちました。
しかし、スマホひとつでいろんな稼ぎ方ができるので、ロマンはあります!

コメント