楽天回線エリアでなくてもRakuten UN-LIMITはかなりおすすめでしょう

ネット・回線
この記事は約3分で読めます。

新型コロナウィルスという最悪のタイミングでスタートした、楽天モバイルの新しいプラン「Rakuten UN-LIMIT」。

わたしも現在利用していますが、全く遜色なく利用できています。
このRakuten UN-LIMITは、楽天回線エリアでなくてもかなりお得に利用できるので、かなりおすすめなんです。そのあたりを詳しくみていきましょう。



スポンサーリンク

毎月2,980円が1年無料

事務手数料は3,300円かかりますが、1年無料で利用できるのがすごいところ。この事務手数料3,300円も、楽天スーパーポイントで還元されるので、実質無料みたいなものです。300万名対象なのですが、まだまだ募集しているので今がチャンス。

1年利用後は、2,980円/月になります。もし試してみて、使い心地がよくなかったら、解約もOK。縛りもなく違約金もかからないので、いつでも解約できます。

全国どこでも使い放題できる

楽天回線エリアなら、完全使い放題。
楽天回線エリアがどれくらいの速度かというとこんな感じでした。

楽天回線エリアで測定

赤レンガ倉庫周辺で測定

パートナー回線エリアはau回線で、データ容量は5GB/月。それを超過したあとは、最大1Mbpsで使い放題できます。

5GB使い終わっても最大1Mbpsなら、かなり使えますので。

楽天Linkアプリで国内通話かけ放題

格安SIMでよくあるのが、10分かけ放題など時間制限があるものがほとんど。楽天モバイルの場合は、Rakuten Linkアプリから電話を掛ければ、無料で時間制限なくかけ放題ができます。

これ国内だけでなく、海外から日本への通話もRakuten Linkアプリを使えば無料というのもすごいところです。

肝心のRakuten Linkの音声ですが、通常の電話回線に比べればちょっとだけ劣るかもしれませんが、全然問題なく今のところ使えています。タイムラグや、雑音などは全くないですね。

ただし、Rakuten LinkアプリはAndroid OS 9以上の端末が対応と、それほど多くの機種には対応していません。

大量の楽天スーパーポイントプレゼント

楽天らしく、楽天スーパーポイントも大量にもらえます。
オンライン契約で3,000ポイント。(2020年6月30日まで)
さらに、事務手数料分3,300ポイントを還元してくれます。

どちらも、Rakuten Linkの利用が条件になっています。

対象のスマホとセットで購入すれば、最大15,000ポイントがもらえます。

楽天回線エリアじゃなくても使うべき

わたしは楽天回線エリアではありませんが、もちろん申込みました。
元々楽天モバイルユーザーだったというのもありますが、これだけ使えて1年無料というのは、他にない画期的なサービスなことは間違いありません。

※追記
いつの間にか、わたしの住んでいる地域も楽天回線エリアになってました。

ネックは対応スマホがAndroidだけということでしょうね。(※iPhoneにも対応になりました
iPhoneでもRakutenLinkなどの一部機能を除いて、利用できるようですが、フル活用したいならAndroidスマホは必須。

わたしは、Rakuten miniを購入。テザリングも簡単にできるので、電話とルーター的な使い方をして、これまで使っていたiPhone7で文字を読んだり動画を見たりしていますね。

コロナの影響で、まだまだ300万人に届いていないようなので、まだまだチャンスです。

コメント