MacからWindowsへ、iTunes・写真を移行しデータを消去

PC
この記事は約4分で読めます。

これまで長きに渡りMacユーザーでしたが、この度Windowsに乗り換えました。
大きな理由は、BTOで新しいPCを購入しようと思い立ったことが大きいですね。

MacからWindowsへ、データを移行したのですが、ちょっと戸惑ったところもあったので、データの移行方法をメモしておきます。

わたしは、128GBと容量の少ないSSDのMacだったので、音楽と写真は外付けのHDDに保存していました。ですので、そのHDDに保存したまま移行する方法になります。

スポンサーリンク

iTunesのデータをMacからWindowsへ移行する方法

外付けHDDを新しいWindowsマシンに挿して、iTunesの読み込み先を外付けHDDにしたのですが、中身を認識してくれません。iTunesで購入した曲は、Apple IDを入力して認証すれば、同期されるのですが、CDから保存したデータは認識してくれません。

事前に元のMacで「ライブラリの整理」>「ファイルの統合」という作業を行わないと、データを認識してくれないようです。

iTunesの移行手順
  • Macでの作業
  • Windowsでの作業1
    Shiftを押しながらiTunesを起動

    ・最新版のiTunesアプリを、Microsoft Storeからダウンロードしてインストール。

    ・外付けHDDをMacからWindowsに差し替えます。

    Shiftキーを押しながらiTunesを立ち上げます。

    「iTunes ライブラリを選択」というメッセージが表示されたので、メッセージに沿って外付けHDDの中のiTunesフォルダを選択。その中に、iTunes Library.itlというファイルがあるので、選択。

    すると、外付けHDDの中の音楽データが認識されました。

Macの写真をWindowsへ移行

Windows版のMacの「写真」アプリはありません。

大量の写真があるので、Windowsで見るならMicrosoftフォトという、標準で入っているアプリで見ることになりますね。

Macで以下を参考に、写真データをすべて書き出します。
データは外付けHDDの中に適当なフォルダを作り、そこにJPEGで書き出しました。

外付けHDDをWindowsに差し替え、Microsoftフォトを立ち上げる。

右上の インポート > フォルダーから をクリックし、書き出した先のフォルダーを指定する。

すると、Microsoftフォトで読み込まれ、表示されます。

Macのデータを消去する手順

他のデータもバックアップしたら、Macのデータを消去して、売却または処分に備えます。

 

まとめ

画像の枚数にもよりますが、書き出しが一番時間がかかりました。
外付けがHDDでなく、最新のSSDであればもっと早くできたかもしれません。

無事なんとかできたので、Windowsライフを楽しみたいと思います。

コメント