十国峠カブミーティング3【2018】カブ186台が集結!を覗いてきました

カブ主になったら一度行っておきたいと思っていたカブミーティング。
箱根の十国峠でイベントがあるというのをネットで見つけ、エントリー以外の一般入場もできるというので覗いてきました。

横浜から十国峠までの下道ルート

ちょっと寝坊して朝9時過ぎに出発。
ツーリングサポーターでルート検索すると、79km3時間近く掛ります。

ツーリングサポーター by NAVITIME(ナビタイム)

ツーリングサポーター by NAVITIME(ナビタイム)
開発元:NAVITIME JAPAN CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

ルートは延々と国道1号を走り、三枚橋から旧東海道(県道732)を進み畑宿を抜けて芦ノ湖畔へ。
県道20号を走り十国峠に向かいました。

一国は藤沢・茅ヶ崎あたりまではやはり渋滞が多いです。
時節柄お祭りのところが多く、沿道のそこかしこで祭り囃子の音がなっていました。

三枚橋から箱根の山に入ると、風が変わり走っているととても気持ちいい!
ちょっと不慣れなカーブに気をつけながら、十国峠の駐車場へ到着しました。

十国峠カブミーティング会場へ

カーナビの通り、3時間近くかかって到着。
時間は12時20分くらいでしたかね。

駐車場はカブがかなりの数が停まっていました。
会場に行く峠の道も、すれ違うカブが多いこと多いこと。
駐車場で大型バイクのライダーに、何事なのかと聞かれましたよ。

会場は、レストハウスに向かって左側。一段上がった駐車場で行われています。

受付で一般入場の料金500円を支払い会場へ。

今年で3回目を迎えるというカブミーティング。
全国から素敵なカスタムカブが集まっていました。

まずは、出店していたショップのカスタムカブ達。

Instagramでよく見ていた、AToRiKAのカスタムカブが流石の仕上がり。欲しくなります・・・。

一般エントリーのカブも皆さんこだわっています。

ソロとベンリィも何台か並んでいます。

会場をぐるりと一周りし、あまりにも暑いので退散しました・・・。

3連休の真ん中で、ちょうど昼時だったこともあり、レストハウスは観光客でいっぱい。
ソフトクリームが食べたかったのですが、並んでいたので諦めて立ち去りました。

箱根周辺をしばらくうろつき、小田原駅で食事。
駅地下街の蕎麦屋が、結構うまかったです。

次回は2019年7月14日

公式ブログに来年の開催日が出ていました。
今年と同じく、海の日絡みの3連休の中日に開催です。

十国峠カブミーティング公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA