石垣島旅行〜竹富島で水牛車観光とビーチの美しさを堪能

石垣島への旅行2日目は、石垣港離島ターミナルから竹富島へ行きました。
石垣島から船で10分。
とても近いのに、石垣島とはちょっと違った雰囲気の小さな島です。

竹富島への行き方

竹富島へは石垣島離島ターミナルでチケットを買いましょう。
いくつか〇〇観光というカウンターがありますが、チケットはどこで買っても同じです。
竹富島へは、船も共同運行しておりどれでも乗れるとのこと。

今回は入り口から入って右側の、安栄観光でチケットを買いました。
船の往復チケットと水牛車観光とレンタル自転車がセットになったものをセレクト。

30分おきくらいで船は出ているので、具志堅用高の銅像と写真を撮ったら乗り場へ並びましょう。
GWの午前中の便は、満席でした。

竹富島の港から水牛車観光へ

竹富島に到着すると、各社送迎の車が並んでいますので、車に乗り水牛車のある島の中心部へ移動します。
もし何も予約していなくても、歩いても10分もあれば行けますね。
もしくは、レンタル自転車屋さんの車は予約なくてもOKと書いてありました。
シーズン中は念のため予約がいいかもしれませんね。

水牛観光の出発地点へ着くと、受付をして水牛車に乗りこみます。
水牛の名前の付いた車が続々とスタンバイしてるので、それほど待たずに乗れますよ。

角を曲がる時も内輪差を解っているのか、ぶつからないように曲がります。

水牛ごとに休む場所も決まっています。

レンタル自転車で島内観光

水牛車観光は30分くらいで終了。
レンタル自転車を借りて島内を回ります。

と言っても小さい島なので、食堂やカフェの並ぶメインの通りは歩いて回れます。
自転車では主にビーチを巡る感じです。

星の砂が採れるカイジ浜

星の砂を探すのは結構大変かも・・・欲しい方は売っているので買いましょう。
木陰があるので、涼しいです。海は珊瑚礁でゴツゴツしているので、泳げませんね。

西桟橋

昔はここから西表島へ船を出して田を耕していたそうです。
海に入り何かを採っている人もいました。

コンドイ浜がすごくいい

一番いい感じなのはココですね。
ビーチが長く続き、潮が引くと砂州が現れます。
シャワーとトイレもあるので、のんびりと過ごしたり泳ぐにも最高です。

かなり暑くて、ガンガンに焼けてしまいました。
紫外線対策はしっかりと。

メイン通りへ戻り、食事を。

昼食はやまもり食堂で

昼時はどこのお店も観光客で溢れかえってました。

そんな時横道に入ったところにあった「やまもり食堂」へ。
オジイとオバアが2人でやっている店で、入った時は地元の人しかいませんでした。

焼きそばをチョイス。
ゴーヤやスパムがは入っています。
麺は八重山そばの麺ですね。

同行者はスパムと卵焼き定食

その後続々とレンタル自転車で観光客がやってきますが、そんなにさばけないようです。

食後にしばし歩いて観光。

竹富島の風景

竹富島は沖縄の古くからのイメージがそのままの景色です。
家、珊瑚礁を積んでできた塀、シーサーと、沖縄の原風景が広がります。

通りの道も珊瑚からできた白い砂が敷きつめられています。
花が通りにきれいに咲いています。

自転車では5kmほど走ったでしょうか?
とにかく日差しが強くて首や腕が赤くなります。暑い!

この後自転車を返却。港まで送ってもらい、14:00くらいの船で石垣島に戻りました。
海で泳いだりしなければ、半日で見どころは回れますね。

宿泊してもっとディープに楽しむのもいいでしょう。
竹富島には星野リゾートの「星のや」もあります。
いつかは泊まってみたいですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA