2018年nanaco へのチャージでポイントが貯まるカードはまだあるの?

電子マネーnanacoへクレジットチャージするとポイントが貯まるクレジットカードがというのがこれまで結構もてはやされてきました。

nanacoは納税などで使える唯一の電子マネーですからね。
しかし、どんどんnanacoにクレジットチャージしてもポイントが付かなくなったり、還元率が下がってきています。

2018年3月現在、nanacoへのクレジットチャージでポイントがつくカードをまとめてみました。

nanaco+クレジットチャージがお得な仕組みを整理

nanacoカードは、使えるお店で買物をすればnanacoポイントが貯まりますが、クレジットカードからチャージすることでクレジットカードのポイントも貯まります。

nanacoポイントとクレジットカードのポイントがダブルで貯まるのです。

さらにnanacoは、所得税、住民税、国民年金、健康保険料などの支払いができる唯一の電子マネー。nanacoで支払ってもnanacoポイントはたまりませんが、クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードのポイントがたまるので、その分節約・お得になります。

という2点が利点です。

わたしも楽天カード(JCB)を作って、すぐにnanacoへクレジットカードを登録。
クレジットカードからチャージしていました。

楽天カードがnanacoへのチャージでポイント無しに

が、この仕組がこれほどカード会社にとって不利益なことはないでしょう。
これまでがボーナス期間であったかのように、続々とクレジットチャージでポイントがつかなくなりました。

わたしが使っているカード

  • 楽天カード(2017年11月から0%)
  • アプラスカード(2018年4月から0%)

と全滅。

他のクレジットカードも軒並みポイント還元率がダウンしているようです。

2018年3月現在ポイントが貯まる主なクレジットカードと、ポイント還元率をまとめました。

nanacoチャージでポイントが貯まる主なクレカ

  • リクルートカード(VISA、MasterCard、JCB)還元率1.2%
    2018年4月16日から、ポイントが貯まる上限を設定。月3万円まで。
  • Yahoo!JAPANカード(VISA、MasterCard、JCB)還元率0.5%
    以前はJCBブランドのみで1%の還元率でした。
    現在は全てのブランドでポイントが貯まりますが、0.5%に。
  • セブンカード・プラス 還元率0.5%
  • ファミマTカード還元率0.5%
  • JMBローソンPontaカード(VISA)還元率0.5%
  • セディナカード(JCBのみ)還元率0.5%

よく利用するポイントのクレジットカードで貯めるしか・・

リクルートも3万円のチャージに対してしか付かないので、納税などを考えると0.5%還元率のカードを利用したほうがいいでしょう。

個人的にはリクルートポイントやPontaポイントって貯めてないんですよね。
コンビニでわざわざPontaカード出すのが面倒なので、セブン以外のコンビニはiPhoneでSuica払いにしてしまっています。

Pontaって自分の生活圏でそれほど使う場面がないんですよね。

やはりTポイントが貯まる、Yahoo!JAPANカードかファミマTカードかな。

 

話は違いますが、iPhoneのSuicaへのチャージは還元率2%のLINE PAY CARDからチャージしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA